無限に続く本の迷宮に迷い込みたい。本が好きなら一度はしたことのある空想ではないでしょうか。そんな想いが現実になる本屋が登場しました。詳細は以下から。

これが最近大規模なリノベーションの行われた中国四川省の都江堰市のZhongshuge書店。天井には鏡が張り巡らされ、床も反射する黒いタイルが敷き詰められています。
改修を手掛けたLi Xiang氏はデザインに1ヶ月、建築には5ヶ月を掛けてこのエッシャーを思わせる迷宮空間を作りあげました。

人の手の届かない部分の本棚はフェイクとなっており、これによって無限に本が連なるイリュージョンを実現するとともに、本物の本を傷めたり清掃やメンテナンスが困難になることも回避。

ライティングも重要な演出ですが、こちらも訪れた人が本を探しやすいように工夫がされています。

この書店は8万冊以上の蔵書を誇っており、中国のSNSでは大きな話題に。現在は本を買う人以上に写真を撮る人が多い状態だとのことです。

この場所を移した動画はこちらから。
‘Magic castle’ bookstore opens in China - YouTube

【天井に鏡を張りめぐらせた書店、エッシャー級の異世界ダンジョンになる】を全て見る