(C)2020 TOHO CO., LTD.

写真拡大

TVアニメシリーズ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』の劇中音楽を収録したオリジナル・サウンドトラックが2021年7月21日にCD発売、同日にダウンロード&ストリーミング配信されることが決定した。

『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』は日本を代表するキャラクター「ゴジラ」の新たなプロジェクトとして始動した完全新作。これまでの映画などとまったく違う新たなオリジナルストーリーを全13話のTVアニメシリーズとして展開する。日本国内初となる ”ゴジラ” のTVアニメシリーズだ。

『ゴジラS.P』の劇中音楽は、多くのアニメやドラマの楽曲を手掛ける作曲家・沢田完が担当。アニメ放送前のPV公開時から「ワクワクする!」「これぞゴジラの音楽」という好評の声がSNSで多くあがり、そしてアニメ放送開始後もその本編を盛り上げる楽曲の数々に対し、更なる好評を博している。
ゴジラファンならずとも日本中でお馴染みの名作曲家・伊福部昭による『ゴジラのテーマ』を、沢田がアレンジした「ゴジラのテーマ -シンギュラポイント-」をはじめ、今回のサントラには31曲を収録。
サントラのリリースにあたり、沢田は次のようにコメントしている。

「『ゴジラS.P<シンギュラポイント>のサントラは僕の好きな昭和の日本の特撮映画や怪奇映画の音楽へのオマージュに満ちています。子供の頃に感じたその不思議でドロドロとした怪しい世界観こそ僕にとって『ゴジラ』だったのです。町工場のジェットジャガーのテーマ、特異点の秘密を解く謎のウパラの歌、可愛いペロ2の曲、そして様々な怪獣のテーマなど……物語を彩る音楽をお楽しみいただけたら幸いです。」

そして、このサントラCDのジャケットビジュアルも解禁となった。漫画『青の祓魔師』作者・加藤和恵氏がデザイン原案を手掛けた『ゴジラ S.P』のキャラクターから2人の主人公・メイとユン、ユンの同僚であるハベルを、本作のアニメキャラクターデザインを担当した石野聡氏が描き下ろし。
さらに、サントラCDに封入されるブックレットには、沢田完と、アニメ本編で物語の鍵となっている歌『ALAPU UPALA』の作詞家・松井五郎の対談も収録されている。

なお、『ゴジラ S.P』の劇中音楽の内、このサントラに未収録の23曲については、8月22日(水)に発売される本作のBlu-ray&DVD第1巻の初回生産限定版特典であるダウンロードコードで聴くことができる。(C)2020 TOHO CO., LTD.