世界的な半導体不足が影響 トヨタ自動車、およそ2万台の減産へ

ざっくり言うと

  • トヨタは世界的な半導体不足の影響で、一部の工場を稼働停止すると発表した
  • 対象の工場ではヤリスなどを生産していて、およそ2万台の減産になるという
  • 6月に一時的に稼働停止するが、7月以降については「状況を注視する」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x