イラスト:曽根愛

写真拡大 (全4枚)

収入を増やすのも、出費を切り詰めるのも、簡単ではありません。毎月の固定費を見直し、無理なく効果的に節約する方法をファイナンシャルプランナーの山中伸枝さんに聞きました(構成=塚原沙耶 イラスト=曽根愛)

この記事のすべての写真を見る

* * * * * * *

まずは1ヵ月分、出費の傾向を確認して

節約はやり尽くしているし、収入は変わらないどころか減っている。出費を少なくしようにも、どこを切り詰めればいい? コロナ禍でそんなふうに感じる人も多いでしょう。もう家計の見直しどころがないと考える人ほど、固定費の見直しが実は効果的です。

固定費は、「なんとなく支払っているお金」。必要なものだと思い、無意識に払いがちです。固定費に目を向けることで、日々の意識が変わり、お金の使い方も変わってきます。

まずは自分が何にお金を使っているのか、現状を把握することが大切。コロナ禍で生活環境が変化した人、在宅時間が増えた人もいることでしょう。そういう時こそ、見直しのチャンスです。

固定費とは主に、住居費(家賃住宅ローン)、水道光熱費や通信費の基本料金部分、各種保険料、教育費や小遣い、自動車関連費などを指します。食費や医療費、交際費などは、毎月支払額が変わる変動費です。

ただ、家ごとにどの費用が多くかかっているかは異なるもの。通帳やクレジットカードの支払明細を見て、書き出しましょう。まずは1ヵ月分、可能であれば、1年、3年など、ある程度の期間で書き出し、出費の傾向を確認することをおすすめします。

中には、「これって、なんのお金だったっけ?」と、意識せずに支払っているものがあるのではないでしょうか。水道光熱費のようにどの家庭にもある固定費以外にも、定期的に支払っているものがあるはず。

たとえば食費は一般的に変動費ですが、定期購入しているものがあれば、それも固定費と考えてよいでしょう。決まって注文しているサプリメント、毎朝の習慣になっている飲み物の購入、自分へのごほうびとしてのスイーツ……。いつも習慣的に買っているものが今の自分にとって本当に必要なのか、見直してみましょう。

固定費を減らすためのステップ

□ クレジットカードの支払明細などを、まずは1ヵ月分、可能であれば3年分くらい確認し、出費を書き出す

□ 住宅ローンのある人は、借り換え金利を比較

□ 光熱費は、2、3社の目星をつけて相見積もりをとる

□ 携帯電話料金のリサーチは、時間にゆとりを持って家電量販店へ

□ 保険は目的を見つめ直し、今の状況に合った内容に

□ 自家用車は「必要不可欠」だと思い込んでいないか、よく考える

□ 社会人になった子どもとは、同居でも家計を分ける

□ 利用していないアプリや動画配信サービスなどの解約手続きは根気強く

□ 年金生活になったら毎月いくらもらえるのか、ねんきん定期便で確認を

イラスト:曽根愛

光熱費、通信費…2021年見直しどき

さらにこまかく、見直しのポイントを見てみましょう。

●光熱費は相見積もりで

在宅時間が増えたことで、使用量や使っている時間帯が変わっている可能性もあります。ここ3年くらいの光熱費を比較してみましょう。使用状況が変わっているのであれば見直す機会ですし、元の働き方に戻るのなら、変えないほうがいいかもしれません。

いずれにせよ、契約の見直しには、相見積もりをとって比較すること。2、3社に目星をつけて相談します。大手と、自由化に伴い新規参入した会社の両方を選ぶとよいでしょう。現在の利用明細をもとに、使用量や使用している時間帯に即した見積もりを出してもらいます。比べた結果、元のままのほうがよいという場合も。

それでも、「時間帯をずらせばもっと安くなるのか」など、節約の方法が見えますので、一度見積もりをとる価値はあると思います。インターネット上に光熱費の比較サイトがいろいろありますから、まずはお住まいの都道府県名と「電気代」「比較」などで、検索してみるとよいでしょう。

各社の料金プランはさまざまで比較対象が一律ではなく、使われている用語も難しい…

●通信費は専門家に相談

通信費で大きいのは、やはり携帯電話の利用料金です。この春からは各社で新しい値下げプランが始まりますから、今は見直しのよいタイミング。通話時間はどのくらいか、データ通信量はどの程度か、直近の支払明細を確認して、利用状況に合ったプランにしましょう。

ただ、各社の料金プランはさまざまで比較対象が一律ではなく、使われている用語も難しいので、自分で判断するのは容易ではありません。まず家電量販店に相談に行くことをおすすめします。その際、大手キャリアすべての話を聞くくらいの覚悟を持って。時間もかかりますし、1回では済まないと思います。

面倒であれば、携帯電話料金専門のコンサルタントもいますから、そういう人に相談するのも一つの方法です。長い目で見れば、その費用も無駄にはならないでしょう。

また、携帯電話と自宅のインターネットなどを同じ会社でセット契約すると、割引やキャッシュバックがある場合も。タイミングが合えば、同じ会社にまとめることも節約につながります。

保険、住居ローン…今の自分に合ってる?

●保険は本当に必要?今の自分を見つめて

各種保険は、何のために入ったのか、目的を見直すことが大切です。医療保険なら、公的保険で十分だという考え方もあります。日本には高額療養費制度があるので、1ヵ月の医療費の自己負担額を超えた分は払い戻されます。医療保険料の支払いは、月に2000円ほどであっても、それなりの負担になるもの。自分は今後、保険が使えない先進医療などを積極的に利用したいのか、差額ベッド代が発生する個室を希望するのかなどを考えてみましょう。

子どもが社会人になっているなら、生命保険の死亡保障は必要ないかもしれません。加入時と現在では、ご自身の状況が変化している場合もあります。今の自分に合った保険なのか、検討してみては。

ただ、保険会社に解約したいと伝えたものの、「おやめになった後に、事故が起きたりするものです」などと言われ、結局踏み切れないことも多い。終身の生命保険など積立型保険に加入している場合、いきなり解約するのがこわいなら、「払い済み」にするという方法もあります。保障金額は減額されますが、保険料の支払いをストップできるのです。

●住居費(住宅ローン)は金利の見直し交渉から

賃貸の場合、現在の家賃が高ければ引っ越すしかないと思いますが、住宅ローンのある人は、借り換え金利を比較してみるのもよいでしょう。まずは今借りている金融機関に行き、金利の見直しができるかどうか確認してください。

これまで返済の滞ったことがない人、勤め先が変わっていない人、あるいは返済が大変な人などは、見直しに応じてもらえる可能性はあると思います。

無理だと言われたら、別の金融機関に相談するのも手です。そちらの借り換え金利のほうが低ければ、元の金融機関にもう一度行き、「別のところで、これくらいの金利を提示されているのですが」と話してみる。他の金融機関に相談するのは、比較と交渉のため。実際、借り換えるとなると、手間も費用もかかります。現状の金融機関で金利が下がるなら、そのほうが楽です。

退職金でローンを一括返済しようと考える人もいますが、65歳まで再雇用で働き続けるのであれば、返済期間を延ばすのも一案です。これから定年を迎える人たちは、手元に資金があるほうが安心だと思います。今は金利がさほど高くありませんし、ローンを支払い終えた後も人生は続く。「長生きリスク」がありますから、ローンを払い終えた後の生活の収入、支出、貯蓄額のキャッシュフローを考慮しましょう。無理に一括返済せず、返せる額にするために金利を下げてもらったり、返済期間を延ばしたりするほうが得策だと思います。

自動車の維持にかかる費用は、ガソリン代、税金、保険料、車検費用に駐車場代と、書き出すと項目が多い

●使用頻度で検討したい自動車維持費

自動車関連費は、居住地域や使用状況による個人差が大きいものですが、もしかすると、必要不可欠だと思い込んでいるだけかもしれません。自動車の維持にかかる費用は、ガソリン代、税金、保険料、車検費用に駐車場代と、書き出すと項目の多さに驚きます。

買い物に車を利用する人は多いですが、今はネットスーパーもあるので、上手に利用すれば以前より車を使わずに済む場合も。子どもが独立したら、車の出番は減るかもしれませんし、高齢になれば、いつまで運転できるかわかりません。今後の自分に車が必要か、見直してみるのもよいでしょう。

●子どもにかけるお金は見極めを

いつまで子どもにお金をかけるかは、大きな問題です。社会人になっても同居する子どもにかかるお金は、人によっては固定費。同居していれば、食費などの生活費もかかりますよね。家計がミックスされてしまうケースが多いのです。

親がいつまでも元気でいられるわけではありませんし、年金をあてにされるのも困ります。社会人になったら家計は別にして、自立する練習をしましょう。子どもの収入が少ないのであれば、少しでも増やす余地はないのか、親が亡くなった後はどうするのかを話し合います。親の家計状況を伝えて、限度があることを子どもに理解してもらうことが重要です。そのうえで、本当に必要であれば、生前贈与をしてもいいわけです。

子どもが30歳、40歳を過ぎても家にいると、自身の老いもあって、親は子を頼りたくなります。通院の送り迎えや、ゆくゆくは介護まで期待してしまう。これでは共依存になります。でも、そういう時のために介護保険があるわけです。体が動かなくなったら、介護のプロの手を借りたり、自ら施設に入ったりするなど、親も自立しましょう。10年後、20年後、30年後を見据えた節約を考えたいですね。

リタイア後、毎月の収入はいくら?

ほかにも、携帯電話のアプリや音楽・動画配信サービスなど、使っていないのに毎月利用料を払っているものはありませんか。少額でも無駄は無駄です。カードの支払明細から洗い出し、使っていないものは解約を。手間がかかる場合もありますが、根気強くやりましょう。

スポーツジムの月会費など、さまざまな固定費があります。すべて洗い出すと、けっこう使っていることに気づいて愕然とするかもしれません。先々のことを考え、年金生活になった時に毎月の収入がどれくらいなのか、把握することが大事です。月々いくら使えるかが見えれば、「ジムは退会し、ウォーキングを始めよう」などの判断もしやすくなります。

配偶者が亡くなって一人になった時、どうするかも考えておいたほうがいいですね。たとえば年金生活をしている夫が亡くなった時、妻の年金はどうなるのか。専業主婦期間が長い場合、夫の厚生年金の75%は終身で受け取れますが、妻が働いていて厚生年金がある場合、遺族厚生年金は調整される、あるいはなくなるケースもあります。

そもそも夫の年金加入が十分でなければ、定年退職後に死亡した場合の遺族厚生年金はもらえないことも。まずは「ねんきん定期便」を見てください。そのうえで、無料で相談できる年金事務所に行ったり、ファイナンシャルプランナーに相談したりして、毎月いくらもらえるのか確認してみましょう。

《いつ死ぬか》は誰にも予測できませんから、死ぬまでお金がもつのか不安になりますよね。大事なのは、キャッシュフローを意識すること。できれば終身のキャッシュフローを見通せるとよいでしょう。終身でもらえるのは公的年金です。公的年金だけで暮らせるくらいに生活をダウンサイジングしたり、年金受給を繰り下げて受給額を増やしたりすることで、不安を軽減できます。

また、できるだけ長い期間働き続けて、少額でも収入を得ることが大きな支えになるでしょう。そして、月々のキャッシュフローを「見える化」する。「なんとなく」使っている固定費を洗い出し、無理なく節約しましょう。