「年上っぽくない!」親しみやすさを演出してモテる年上女子を目指そう

写真拡大

気になる彼が年下だったとき、どのように接すればいいか悩んでしまいますよね。
男性も年上の女性にはアプローチしづらいものです。
そこで親しみやすさを演出してモテる年上女子になっちゃいましょう。
今回は、親しみやすさを演出してモテる年上女性になる方法をご紹介します。

■自分がしてしまった失敗談を話す

しっかり者の女性は同性からはモテますが、男性からは「高嶺の花」になってしまいがちです。
そこで自分が過去にしてしまった失敗談を話してみましょう。
「しっかりした人でもこんな失敗をするんだ」と親しみやすさがアップします。
このときに話す失敗談はフランクに話せる軽めのものにしましょう。
重たい話になってしまうと相手に負担をあたえる可能性があります。

■笑顔で明るいトーンで話す

笑顔で明るいトーンで話すことで柔らかい印象になり、親しみやすい女性に近づきます。
声色を変えすぎてしまうと「ぶりっ子」というイメージになってしまう可能性があるので、「元気で気さくな女性」を意識して少しだけ明るいトーンで話すことを意識しましょう。
クールな女性はかっこいいですが、話しかけづらい印象になってしまうのです。

■対等な立場で話や行動をする

対等な立場で話や行動をするように意識しましょう。
「年上だから」と意識して話や行動をしていると、その気持ちが伝わってしまい相手もかしこまってしまいます。
「親しみやすい女性」を目指すのであればまずは、自分が相手と対等な立場になることを意識することが大切ですよ。

■知らないことは素直に「教えて」という

自分が知らないことがあったときには相手に素直に「教えて」と言いましょう。
「年上なのに知らないなんて恥ずかしい」と知ったかぶりをするよりも素直に「教えて」と言ってくれる年上女性の方が気取ってなく接しやすいです。

今回は、親しみやすさを演出してモテる年上女子になる方法をご紹介しました。
できることから実践してモテる年上女子を目指しましょう。
(ハウコレ編集部)