紗栄子さん(写真:Pasya/アフロ)

写真拡大

俳優で実業家の紗栄子さんがアーティストのYOSHIさんと交際していたことを、2021年5月11日発売の「週刊女性」(5月25日号)が報じて大きな反響を呼んでいる。交際当時33歳だった紗栄子さんに対し、YOSHIさんは17歳だったという。

記事によると、紗栄子さんとYOSHIさんの交際は20年春ごろにスタート。YOSHIさんの母親や所属事務所の社長が反対しながらも交際は継続したが、同秋頃に紗栄子さんから別れを告げることになったという。ショックを受けたYOSHIさんは所属事務所と連絡が取れない状態だとも伝えている。

紗栄子さんには「人を惹きつける魅力があるんですよ」

スポーツ紙の芸能記者は首をかしげる。

「どこまでが真実なのか...紗栄子は良い意味で計算高い部分がある。自身に2人の子供もいますし、未成年の交際とか危ない橋を渡らないと思うんですけどね...。確かに紗栄子がYOSHIをかわいがっていたのは有名でした。ただ、それは恋愛感情というよりも息子みたいな感覚に見えました」(スポーツ紙芸能記者)

前出の週刊女性の記事によると、同誌の取材にYOSHIさんの所属事務所は、紗栄子さんとの交際などについて「このたび、お問い合わせいただきました件に関しましては、コメントは差し控えさせていただきます」と答えている。一方、紗栄子さんの所属事務所は同誌の取材に、「YOSHIさんは紗栄子にとって大切な友人の1人」であり「ご指摘のような関係ではございません」としたという。

紗栄子さんは07年に現メジャーリーグ・サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手(当時はプロ野球・北海道日本ハムファイターズ)と結婚したが、12年に離婚。その後はZOZOの創業者で実業家の前澤友作氏との交際が報じられた。ファッションのプロデュース業などマルチな才能を発揮し、20年から栃木県の那須に移住して牧場の経営者として活動している。

21年4月下旬にスタートしたTBS系ドラマ「ドラゴン桜」には、東大卒業生としてサプライズ出演。16年前に放送された前作では生徒役を務め、そこから成長した姿で登場して話題となった。

テレビの制作スタッフは紗栄子さんについてこう話す。

「人を惹きつける魅力があるんですよ。男性だけでなく女性もメロメロになってしまう。穏やかな雰囲気だけど、頭の回転は速い。10代から芸能界で活躍して、2人の子供を育てながら仕事を両立させてきたので、色々な苦労があったと思います。今回のYOSHIとの交際報道でマイナスイメージがついたかもしれませんが、彼女なら乗り越えると思います」

YOSHIの精神状態はどうなのだろうか。天才アーティストと将来を嘱望され、モデル業やバラエティー番組にも多数出演していた。時間はかかるかもしれないが、立ち直ることを祈るばかりだ。