中居正広

写真拡大

 タレントの中居正広(48)が15日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。1カ月の禁酒生活を送った後で血液検査を受ける予定になっていることを報告した。

 コロナ禍での生活について時間を割いて話した後で「そんな中、お酒を今、まだ2週間ちょいだけど、やめてるんですよ。1滴も…ですね」と禁酒生活を送っていることを突然明かした中居。今回の禁酒は2017年1月以来とした上で「4年間、僕は一日も抜いたことないんですね。ちゃんと続けてるの、毎日お酒飲むことを」と冗談めかしながらも飲酒は毎日続けている習慣だとした上で「4年前は1月の中旬から1カ月半ぐらいかな、飲まなかったのかな。あんまりリアルタイムで話すとワーッとか(ニュースに)出ちゃうのがイヤで」と2017年1月に肝炎のため10日間ほど入院していたことを明かした。

 2016年12月いっぱいでSMAPが解散。2017年1月の最初の仕事は当時番組MCを務めていた日本テレビ「ナカイの窓」だったそうで、群馬県でのロケの後、宿泊して翌日帰京するスケジュールだったが「次の日の朝、具合悪くて。おかしいなーと思って。東京に戻って病院に行ったら肝炎だったんですよ。肝臓ですね。で、入院してくださいって言われたんですね。んでね、10日間ぐらい入院したのかな」と説明した。

 そして、入院当日はまだ病名が分からなかったためコンビニに出かけ「お酒買ってきちゃったんですよ」「飲んじゃった」とまさかのエピソードも披露。翌日、血液検査を受ける際に医師から「中居さん、お酒って飲んでないですよね?」と聞かれ「飲んでないですよ」とウソをつくと「正直におっしゃってください」と医師の声が。「お酒で肝臓が悪化しているので…」と指摘されたという。

 それから4年あまり。今回の禁酒スタートについて理由は「特にはあれなんですけど、や〜めた!と思って」と中居。「誰かに指示されたとか、お医者さんに言われたわけじゃなくって。1カ月いってみよっかな、みたいな。で、1カ月後にちょっと血液検査してみて…」と見通しを明かし「でも血液検査して、これで数値がそのままだったらどうしようかな、とか。フフフ。もう手の施しようのない体になってるかもしんない。ちょっと大げさだな。ちょっと今、大げさに言って心配させようと思って言っただけで」と笑いながら話したが、8月には49歳になるアラフィフだけに体調が心配されるところだ。