中国・四川省大英県で建造中のタイタニック号の実物大レプリカ(2021年4月27日撮影)。(c)NOEL CELIS / AFP

写真拡大

【AFP=時事】運命の初航海から1世紀以上を経て、豪華客船タイタニック号(RMS Titanic)が、海から1000キロ以上離れた中国・四川(Sichuan)省のテーマパークによみがえろうとしている。

 このテーマパークの目玉は、タイタニック号とジェームズ・キャメロン(James Cameron)監督による同名の大ヒット映画に登場する英サウサンプトン港(Southampton Port)の実物大レプリカ。俳優のレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)さん演じるジャックが賭けでチケットを手に入れ、船に乗り込む港だ。

 タイタニック号のレプリカには実際に宿泊でき、「五つ星のクルーズ船サービス」が受けられるという。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
タイタニック号最後の乗客、出航の英サウサンプトン港に散灰
タイタニック号で事故当日に書かれた手紙、約2000万円で落札
動画:タイタニック号の残骸、14年ぶりに撮影 腐食進む