実家暮らしの兄に我慢の限界!妹「母が遺した貯金は私のもの」

写真拡大 (全2枚)

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、兄と妹の間に起きている相続トラブルについて、相続を専門とする円満相続税理士法人の桑田悠子税理士が解説します。

母の相続を機に「兄と妹」に争いが勃発

【登場人物】

・父Aさん(数年前に他界)

・母B子さん

・長男Cさん(兄)

・長女D子さん(妹)

【父Aさんの相続時の遺産分割】

母B子さん:5000万円+自宅

長男Cさん:4000万円

長女D子さん:1000万円

【母B子さんの遺産の内訳】

・自宅(評価額3000万円)

・貯金(4,000万円)

父Aさんは数年前に他界し、その際の遺産相続は母B子さんが取り持ったことでスムーズに進みました。しかし、母B子さんが亡くなった今、長男Cさんと長女D子さんの間には不穏な空気が流れてしまっています。一度も実家を出たことのない長男Cさんと、就職と同時に家を出て、今や家庭を持つキャリアウーマンの長女D子さん。元々仲良しというわけではないにしろ、喧嘩は少ない兄妹でした。

しかし、長女D子さんの「実家はともかく、貯金はすべて私が相続する」という言葉をきっかけに、二人は真っ向から対立してしまいます。

長男の主張:「親の面倒を見たのは、兄であるわたし」

「父はまさに『昭和のビジネスマン』という感じの人で、一緒に遊んだ記憶はほとんどありません。ただ、ひたむきに仕事をする背中には憧れていました」

そんな父を支える母のことも尊敬していたそうです。また、父は大会社の重役を長年勤めていて、お金に不自由することもありませんでした。高校や大学にも通わせてもらい、両親には感謝していると言います。

大学卒業後は無事就職し、Cさんも一人の社会人として歩みを進めました。しかし一向に“良い人”と巡り合うことはなく、恋人を家族に紹介することもほとんどありませんでした。

「別に結婚したくない、というわけではないんです。ただ、なんとなくタイミングがなかったというか……無理にすることはないかな、という思いが強かったです」

また勤めている会社が実家から近かったため、転居する必要にも迫られませんでした。加えてCさんは引きこもっているわけでもなく、稼ぎのうち一定の割合を常に実家に納めていたのです。

「だから、当時は引け目とかそういったものはあまり感じませんでした。ですが、両親はやはり時代柄か『結婚せず実家暮らしだなんて半人前だ』という考え方が強かったようです」

そうは言っても、小言をいわれるくらいで家から追い出されるようなことはなかったそうです。

父が亡くなってからは、母の面倒は必然的にCさんが見るようになりました。それを見越して、父の遺産は母が1/2、兄Cさんが2/5、妹D子さんが1/10を相続。その取り決めの際には、特に揉めごとは起きなかったといいます。

「母は健康でしたが、年も年なんで定期的に病院に行くことが多くて。もちろん送迎などは手伝っていましたよ」

しかし高齢の母は次第に足腰が弱くなっていきました。最後には自ら望んで介護施設に入所したそうです。その際の手続きや施設探しには、Cさんももちろん尽力しました。介護施設へのお見舞いなども頻繁に行い、差し入れも欠かさなかったとCさんは振り返ります。

「実家は今まさに僕が住んでいるので、お金に換えることなんてできません」

Cさんは静かに首を振りました。

「母の面倒だって長らく見てきたんです。それなのに、現金が一銭も入らないなんて、さすがにおかしいと思いませんか?」

長女の主張:「兄はずっと優遇されていた」

「元はといえば、父さんの遺産分配から不公平だったんですよ」

D子さんは苦虫をかみ潰したような表情で言葉を続けました。

「父が亡くなった時、本来はきょうだいで1/4ずつだったところを、兄さんが2/5で、私が1/10でした。たしかに私は十分な稼ぎもあって、生活にも困っていなかったし。だからそのときは『母さんの面倒を見てくれるし、いいか』と納得しました」

D子さんは残業も多い職種に勤めており、年老いた母を介護する時間を取れそうにはありませんでした。加えて兄Cさんは実家暮らしだったので、その点においても好都合だったのです。押し付けているような罪悪感もあり、そのときは相続が1/10でも首を縦に振ることができたと言います。

「でも母さんは結局ずっと元気で、兄さんの負担はほとんどなかったそうじゃないですか」

それじゃあ、私が我慢した意味がないとD子さんは続けます。

「まったく感謝してないとはいいません。でも母さんが介護施設に入所するまで、洗濯や料理とか、家事は母さんに任せてたっていうんですよ。それってちょっとおかしくないですか?」

D子さんは共働きで、育児や家事も含めて夫と分担しています。また子どもの受験も控えており、これからお金がかかる時期です。

それでやったつもり!(※写真はイメージです/PIXTA)

解説:きょうだいの相続争いを防ぐ、唯一の手段は?

兄弟の相続争いを防ぐ手段が1つだけあります。それは、親が生前に「遺言書」を書いておくことです。

有効な遺言書があれば、基本的には、相続人などのうち1人でも遺言書の通りに分けたいと言えば、その遺言書通りに分けるしかありません。そして、書いた本人はもう天国にいるので、文句の言いようもありません。

そのため「うちの子どもたちは揉めない!」と思っているあなたも、念のために遺言書を書いておくことを推奨します。

その際には、遺留分を侵害していないか、相続税がかかるご家庭の場合には特例適用が問題ないか、納税財源が確保されているか、まで鑑みて作成することが、より望ましいです。

配慮不足の遺言書があることにより、逆にトラブルが発生してしまう悲しいケースもありますので、専門家に相談しながら作成してみてください