002_旦那_Ponko

写真拡大

ママスタコミュニティに寄せられていた、「ケチな旦那に息が詰まります」という投稿。節約のためなら理解できますが、旦那さんがこんなに細かいことにうるさいと、同居する側はきついですね……。

『旦那がケチで息が詰まりそうです。子どもが自分の部屋からリビングにお茶を飲みに来ただけで「部屋の電気を消せ」とか、「シャワーも極力使うな」とうるさく、歯磨き粉は「これでもか!」ってくらい丸めてギリギリまで使わないとうるさいから皆やっている。さらに歯磨き粉を私が使おうとしたら出なかったので捨てて新しいものを出したら、グチグチ文句を言われました』

この投稿に、ママたちからいろんな反応が寄せられています。

それは辛い……ケチすぎる旦那を持ってしまった人への同情の声

毎日、家事と育児を頑張っているのに……。電気や歯磨き粉の使い方にまでグチグチ言われたら、暴れたくなりますよね。

『それはストレス溜まる! うちの旦那も最近ケチケチし出してウンザリしてる』

『自分だけでやるのは勝手だけど、人に押し付けるのは違う』

『相当な倹約家だね……』

『それで貯金ができているならいいけどね』

『それは、息つまるどころか息できないわ。本当に無理』

我が家のケチ旦那紹介

さらに「うちの旦那も!」「うちにもいる!」というコメントも寄せられました。皆さん、いろいろと耐えているようです。

『スーパーで焼き鳥のねぎまを買おうとしたら、「ネギなんて家で採れる」って言われて言葉が出てきませんでした』

『うち、女3人いるんだけど、「トイレットペーパーの減りが早い!」とか言って、交換した日をカレンダーにチェックしていたのには引いた』

『うちも、「最大25%ポイント還元だから、全てキャッシュレス決済で払え!」とか言ってるし、「期間限定のポイントは早く貰え!」とかポイントにうるさい』

『パンを食べてたら、「1個100円のパン、いいなー」って言われた。めんどくさい』

『最初のデートのときのお昼代が割り勘だった。そっちで誘っておいて、しかも7歳も年上なのにそりゃないよ。なのに結婚しちゃって後悔しまくり』

『歯磨き粉、最後はおしりのほうを切って使います。リビングに一人なら電気も小さいランプしかつけないからほぼ真っ暗。ティッシュも極力使わないからタオルが常に手元にある』

ケチケチ旦那への反撃、私だったらこうする!

ケチケチ旦那のグチグチに我慢できなくなったら……。実際に行動を起こしたママの成功例や、「こうしたら?」というアドバイスが届きました。

『「残りの人生ケチは嫌だ!」とブチギレて、私の手取りで買えるものは買わせてもらうようにした』

『家族が快適に生きる為に働いてるのに、生活がストレスになるなんて耐えられないから離婚した』

『私なら、ぶちギレられたときに収入増やせと一喝する』

『こっそり働いて自由に使えるお金を作るしかないね』

何かとお金が必要な子育て世帯。できるだけ節約してお金を貯めなくてはいけないのかもしれません。しかしここでご紹介した旦那さんたちのケチっぷりは、節約のためとはいえさすがにやりすぎな感じがしますよね。お金は大事ですがたった1度の人生、日々いろいろなことを我慢してお金を貯めるだけでは幸せにはなれません。使うべきときには使える余裕がないと、息が詰まってしまいますね。本当に限界を迎えたら、別々に生きる選択もありなのかも?文・鈴木じゅん子 編集・しらたまよ イラスト・Ponko