engadget

デザイン家電のバルミューダが、独自の5Gスマートフォンを開発します。発売は11月以降を予定。国内キャリアではソフトバンクが独占販売するほか、同時にSIMフリー版の発売も計画します。

なお、バルミューダは工場を持たないファブレスメーカーであるため、製造は京セラが担当します。

携帯端末事業への参入について、バルミューダ側は次のようにコメントしています。

『これまで家電事業において培った経験と実績を基に、コモディティ化が進んでいる携帯端末市場においても、バルミューダならではの新たな体験や驚きを提案していきたいと考え、当社として新たなジャンルとなる本事業へ参入するものです』

Source:バルミューダ