生活保護の減額、受給者が敗訴「違憲ではない」福岡地裁

ざっくり言うと

  • 福岡の生活保護受給者84人が、国などに引き下げ処分の取り消しを求めた訴訟
  • 生活保護の基準額引き下げは生存権を保障する憲法に違反していると主張した
  • 12日、福岡地裁は「憲法に違反する状態ではない」として、請求を退けた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x