裕大さんは「禁断の相手」と不倫関係にある

写真拡大

 ふとしたことから、とんでもないことをしでかしてしまうのはその人が弱いからだろうか。「刑法上の犯罪」でないとしても、罪悪感を抱くような出来事に巻き込まれることは誰にでもあるのではないだろうか。

「僕は畜生道に落ちたんです。自分がここまで堕落しているとは思わなかった。罪悪感で身を切られるような思いをしています」

 いきなりそう懺悔したのは、富永裕大さん(44歳・仮名=以下同)だ。39歳のとき一回り年下の女性と結婚した。

「当時は友人たちによくからかわれました。そんな年下の女性と結婚したら浮気されるぞとか、妻が女盛りになったときついていけないぞとか。笑ってやり過ごしていましたが、3年もたたないうちにこんなことになるとは……」

裕大さんは「禁断の相手」と不倫関係にある

 妻とは学生時代の友人の紹介で知り合った。いつまでも結婚しようとしない裕大さんを心配して、友人が自分の妻の後輩である美咲さんを紹介してくれたのだ。

「友人の家で見合いみたいなことをして。僕自身は結婚にそれほど興味はなかったんですが、当時ちょうど恋人もいなかったし、その直前にひどい風邪をひいて会社を数日休み、体力の衰えと精神的な孤独を思い知ったところだったんです。それで会ってみようかな、と」

 友人が裕大さんと美咲さんを自宅に呼んでくれた。和やかな雰囲気の中、ふわりとした彼女の温かさに惹かれたという。

「それからデートを重ねて、半年ほどで結婚を決めました。彼女といると安心できる。それが決め手でしたね。彼女のほうは『一緒にいて楽しい。それに年上なのに、どこか放っておけない感じがする』と言っていました。頼りない男に映ったのかもしれません。実際、僕は心身ともにマッチョ系じゃないし」

 とはいえ、裕大さんはなかなかの“イケメン”である。昔風にいえば優男。笑ったときのえくぼが、確かに「放っておけない」感じを醸し出してもいる。

8歳しか違わない義母

 結婚したいと思い、お互いの家庭のことを話したとき、彼女は「私は天涯孤独みたいなものだから」と言い出した。複雑な家庭環境で育ったとも言った。

「気になるから聞き出そうとしたんですが、彼女はあまり語りたがらなかった。ただ、ひとりっ子で、中学のときに父親が亡くなった、高校を出て就職してからは母とも疎遠だと。結婚するなら母親には伝えたいと思うのが普通だろうと想像したんです。だけど彼女は『一応、連絡はしておくけど、母は私に会いたがらないと思う』と。かなりこじれた関係なのかなと思いました。それが結婚の障害にはならなかったけど」

 裕大さんは三人きょうだいの末っ子だ。親子関係はつかず離れずで、子どもたちは全員巣立ち、両親は九州の実家でケンカをしつつも仲良く暮らしている。

「あるとき、実家に美咲を連れていきました。結婚するからと。両親は淡々と受け入れてくれた。母親は『おとうさんとふたりだと何も作る気になれないけど、今日はごちそう作ったからね』と上機嫌。クッキーまで焼いていました。美咲もお菓子作りが好きなようで、母からレシピを教わったりして。父もご機嫌で迎えてくれた。和気藹々と食事をして親の家を出ました」

 帰り道、美咲さんが涙を流しているのに彼は気づいた。彼女は、「私にはあんないい雰囲気の家庭での体験がない。結婚できるのか不安になってきた」と言った。それが裕大さんの胸を打った。自分が幸せにしてやらなければ。そう決意した。

「結婚してから、美咲の母親に会いに行きました。彼女は渋っていましたけど、一度くらい顔を見せてもいいんじゃないかと僕が言って。『母は店をやっているから、店のほうに行こう』と彼女は言うんです。ゆっくり話せないなと思ったけど、美咲は母親とゆっくり話す気などなかったんでしょう」

 カウンターだけの小さな店だったが、意外なほど若く見える義母はニコニコと迎えてくれた。美咲さんが嫌う理由が彼にはよくわからなかった。常連で混んできたとき、美咲さんは腰を浮かせた。1時間もいなかったと思うと裕大さんは言う。

「それでも帰りには店の外まで見送ってくれて、『不出来な娘ですけど、よろしくお願いします』と頭を下げてくれました。いいお母さんじゃないかと言うと、美咲は『外面はいいのよ』と。そして初めて母親のことを話してくれたんです」

 美咲さんの母は、20歳のときに彼女を産んだ。妊娠がわかると相手は黙って去ってしまったらしい。乳飲み子を抱えた母は水商売をしながら子育てをした。そんな母を受け止めてくれる男性が現れたのは、美咲さんが2歳のころ。

「彼女が父親だと思っていた人は、本当の父ではなかった。母親より30歳年上だったそうです。美咲が小学生のころに定年退職して、以来、母は夜の仕事をするようになり、美咲は父親に育てられた、と。おそらく母親は浮気などもしていたんでしょう。美咲は、母親が“女”をまき散らしながら帰宅するのが嫌だったと言っていました。そして中学を卒業するころ、お父さんは病死したそうです」

 入学が決まっていた公立高校には通ったものの、大学に行く費用は捻出できず、早く家から出たくて美咲さんは就職した。

「高校時代、母とふたりで暮らしているころも美咲は母親に複雑な思いを抱えていたそうです。男性を連れて帰ってくることもあったみたいで。確かに色気があって、きれいな女性なんですよ、義母は」

 義母と裕大さんは8歳しか違わなかった。

悪魔なのか女神なのか…

 美咲さんとの結婚生活は順調だった。3年目に妊娠、双子の女の子が産まれた。

「いきなりふたりの子ができて、目が回るようでした。美咲は育児休暇をとっていたけど、僕は仕事上とれなかったし、けっこう残業も多い職場で、助けがないととてもやっていけない状態だった。そこで僕は義母に頼もうと言ったんです。美咲は気乗りがしないようでしたが、それでも心身ともにつらかったんでしょう、頼んでみると自分から言いました」

 義母の自宅はそれほど遠くない。30分もあれば来られる距離だ。来てくれることになったと美咲さんが言ったとき、裕大さんは義母に電話をかけた。

「結婚してからほとんど会っていませんから、ごぶさたのお詫びもこめて話しました。義母は明るい調子で、『昼間だけなら少しは手伝えると思うから』と。うれしそうでした」

 裕大さんもなるべく早く帰って家事をするように気を配った。美咲さんは母親についてはほとんど話さなかったが、反目し合っている感じでもなかった。

「子どもたちが10ヶ月くらいのとき、ひとりが急に具合が悪くなって病院につれていくと美咲から連絡が入ったんです。義母が家にいるけど、なるべく早く帰ってほしいと。定時で上がって帰宅すると、娘は大事には至らないものの入院することになったので、自分が付き添うとまた電話がありました。すると義母が『今日は店を休むわ』って。もうひとりの娘はママがいないせいか、妹が入院したせいか、その日はひどくぐずっていました。だから義母がいてくれるのはありがたかった」

 その日の深夜、ふと目を覚ました裕大さんがリビングに行くと、義母がひとりで酒を飲んでいた。

「声をかけると、『あら、バレちゃった?』と言って義母が振り向いたんですが、その顔がとても妖艶で……。ドキッとしました。一緒に飲もうと誘われ、飲んでいるうちに義母がどんどん密着してくる。はねのけたいのにそれができない。気づいたら関係をもっていました」

 あの時のことはきちんと思い出すことができない、と裕大さんは唇を噛んだ。思い出したくないのか、現実を受け止められないのか……。ただ、経験は体にも心にも深く刻まれた。

 その後、義母は何もなかったかのようにふるまった。裕大さんもそうすべきだとわかっていた。

「だけどあの夜が忘れられなかった。それから娘たちが保育園に入ったり、美咲が仕事に復帰したりといろいろあったけど、心の中ではまた義母といつか……と思っていたのかもしれません」

 あるとき、多忙な日々が続いていた裕大さんは、仕事が一段落したのを機に代休をとった。娘たちを保育園に連れていき、帰りになんとなく義母の自宅に寄ってみようと思いつく。店からすぐの自宅マンションを訪ねると、義母は「あら、久しぶり。元気だった?」と迎えてくれた。

「『二日酔いがひどくて迎え酒してたのよ、あなたも飲む?』って。朝っぱらから飲んでいる自由さに心惹かれましたね。つい僕も一杯やってしまって、また義母と関係を持ってしまった。娘の夫と関係をもつなんて、あちらもどういう考えなのかと思ったけど、おそらく義母は何も考えていない。そういう人なんです。いろいろ深刻に考えているのがバカバカしくなるほど、刹那的で楽天的。そこに言いしれぬ魔力があるというか」

 義母と会っているときは「こういう生き方もある」と思えるのだが、帰宅して妻の顔を見るととてつもない罪悪感に苛まれる。それが辛くてまた義母に会ってしまう。頻度は決して高くないのだが、2ヶ月か3ヶ月に1度、彼は我慢ができなくなると義母のもとへ行く。義母は何も言わず、いつでも受け入れてくれる。

「だけどこれ、人としてダメですよ。わかっているんです。とんでもないことだって。でも義母は僕たちの関係について、まったく何も言わない。行くと受け入れてくれる。それだけなんです。悪魔なのか女神なのかわからない。2歳になった娘たちは本当にかわいい。娘たちのためなら自分の命も惜しくない。妻に知られたら、彼女は平常心ではいられないくらい心が乱れ、絶望するに違いない。そう思っているのに、時間がたつとふらふらと義母のところへ行ってしまう。どうしたら関係が断てるのか……」

 やめたほうがいいのはわかっているが、やめられない。いっそ深間にはまってしまえば覚悟もできるが、相手は悲劇の恋愛を演じる気などなく、淡々としているからドロ沼にもならない。そこに彼の微妙な精神的欲求不満があるのかもしれない。

 思いつめた裕大さんは、美咲さんには内緒で、現在、転勤願いを出している。家族で遠方に行けば義母のことは遠い過去になると考えているそうだ。そうなったら美咲さんは会社を辞めるしかないが、そうでもしないと家族の安定と平和を守りきれないと判断したという。早く転勤が実現するといいんですが、とつぶやいた裕大さん、年齢の割には眉間に深い皺が刻まれていた。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年5月12日 掲載