Appleは「全てのアプリを公平に取り扱う」としていますが、ストリーミングサービス「Hulu」に対して特別なアクセス権限を与えていたことや、Amazonと手数料を半額にする密約を交わしていたことが判明しています。そんな中、macOSやiOS向けのアプリの開発者であるジェレミー・プロボスト氏が、新たにミーティングアプリのZoomがAppleから特別な機能の使用許可を得ていることを発見しました。

Think Tap Blog • iPad Camera Multitasking

https://blog.thinktapwork.com/post/649630720084639744/ipad-camera-multitasking

自らもZoom関連アプリを複数開発しているプロボスト氏は、iPadOSの画面分割機能「Split View」を用いてZoomと他のアプリを同時起動した際に、Zoomでのビデオ通話を継続できることに気付きました。

プロボスト氏によると、Appleはサードパーティー製のアプリに対して、Split Viewを実行中にカメラを用いることを許可していないとのこと。プロボスト氏がSplit Viewの実行中にカメラにアクセスする方法をZoomに問い合わせた結果、Zoomの開発者は「com.apple.developer.avfoundation.multitasking-camera-access」というエンタイトルメントによって問題の機能が実現されていると返答しました。

プロボスト氏は、早速Appleにエンタイトルメントの付与を求めようとしましたが、目的のエンタイトルメントに関するドキュメントは公開されていなかったとのこと。プロボスト氏は「このエンタイトルメントが悪用される可能性があることは理解できます。そのため、CarPlayに関するエンタイトルメントのように特別な承認プロセスが必要なのは理にかなっています」「しかし、Appleの優先パートナーのみがアクセスできる非公開の承認プロセスが存在する現状は理解できません。Appleが特定の開発者に特別な機能を提供している間は『全てのアプリを公平に取り扱う』とは言えません」と述べています。