全長30メートル「巨大牧草ベッド」北海道・星野リゾート トマムで、日帰り客も無料で利用可

写真拡大

北海道最大級の滞在型リゾート「星野リゾート トマム」のファームエリアに、牧草を敷き詰めた全長30メートルのベッド「巨大牧草ベッド」が期間限定で登場。スケジュールは、2021年7月1日(木)から9月30日(木)まで。

牧歌的風景が広がるファームエリア

約100ヘクタールの広大な土地を誇るファームエリアは、もともと農業や酪農が営まれていたという自然豊かな場所。現在では牛や馬、羊、ヤギといった動物が放牧されており、羊を数えながらお昼寝できる「羊とお昼寝ハンモック」や、ヤギと一緒に郵便の投函を楽しめる「ヤギの郵便屋さん」など、北海道ならではのユニークな体験を提供している。

全長30メートル“ふかふか”牧草ベッド

そんな自然と動物に囲まれたファームエリアに、牧草で仕上げた巨大な“ふかふかベッド”が出現。2017年に誕生した「牧草ベッド」を全長30メートルにアップグレードしたもので、利用者がより快適に過ごせるようにブランケット&クッションも用意されている。

日帰り客も無料で利用可

なお「巨大牧草ベッド」は、高台に位置しているため、動物たちが過ごす雄大なファームエリアを一望できるのもポイント。宿泊客、日帰り客のいずれも無料で楽しめるため、近くに訪れた際は、ぜひ大自然がもたらす贅沢な“お昼寝体験”を楽しんでみてはいかがだろう。

【詳細】
「星野リゾート トマム」
期間:2021年7月1日(木)〜9月30日(木)
料金:無料
時間:10:00〜16:00
場所:星野リゾート トマム ファームエリア
住所:北海道勇払郡占冠村中トマム
対象:宿泊、日帰り客共に利用可
※天候状況により、中止する場合があり。


【写真付きで読む】全長30メートル「巨大牧草ベッド」北海道・星野リゾート トマムで、日帰り客も無料で利用可

外部サイト