ココリコ・遠藤章造

写真拡大

 7日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・ココリコ遠藤章造緊急事態宣言を批判したものの、視聴者から厳しい声が集まっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、31日まで延長されることとなった緊急事態宣言。現在は大型商業施設に休業要請、イベントは無観客、酒類を提供する飲食店やカラオケにも休業要請が出ているが、延長後は措置を若干緩和。大型商業施設、飲食店には時短要請、イベントは収容人数の50%、上限は5000人となる方針だ。

 『バイキング』ではこの措置について批判的に報じていたが、そんな中、話を振られた遠藤は「ルールってそもそも自分たちにメリット、得があるからみんな守ろうとすると思うんですよ」と前置き。その上で、「それで言うと、(今回の緊急事態宣言措置は)国民全体誰も得するルールじゃないっていうのが分かっちゃってるから、このルールじゃ僕、無理やと思うんですよ」と持論を展開した。

 さらに遠藤は、「そこをもうしっかりと説明していって、『こういうルールだったらみなさんにはこういう得がありますよ。だからみなさんいま一生懸命頑張っていきませんか?』っていう」と提案。また、「法律を変えてでも、短期間でいいからロックダウン的な強いメッセージでドンってやって、こうやることで皆さんに対してメリットがあります、って」と説明することが大事だといい、「最終的にお医者さんが一番困ってるわけですから」とより強めの措置を求めていた。

 ​>>三浦瑠麗氏「コロナ死者4割は寝たきり患者」発言が物議 「寝たきりだったら死んでもいいの?」の声も<<​​​

 しかし、この一連の発言に視聴者からは、「自分の命を守るのが一番の得でしょ」「緊急事態宣言の一番のメリットは感染しないことで、それ以上も以下もない」「自粛するのは感染しないため以外に何があるんだよ」という呆れ声が集まってしまっていた。

 また、日本でロックダウンするには憲法の問題も絡む。こうしたことからも視聴者からは「なにも分かってない」「少しくらい勉強してからワイドショー出て」という厳しい声が寄せられた。