山里亮太、バナナマン設楽の言葉で“ガクガク震えた”過去「ユニットで番組やってた時…」

写真拡大

5月5日深夜に放送されたTBSラジオ『JUNK 山里亮太の不毛な議論』に、南海キャンディーズの山里亮太が出演した。

【関連】山里亮太、妻・蒼井優との“結婚記念写真”について言及

山里は、先日、TBS系『バナナサンド』にコンビで出演したとして、「なんて言ったらいいのかな」と切り出し、「俺、設楽さんイップスみたいなところがあって」と明かした。

バナナマン設楽統について、山里は、「大好きだし、尊敬してるんだけど」と前置きしつつ、「やっぱ、昔、一緒にユニットで番組やってた時の…」「ユニットコント撮った後に言われたセリフとかで、ガクガク震えた過去があるから」と回想。

その上で、「バラエティの場所で設楽さんと会うとドキドキしちゃうっていうのが昔からあって」と、『バナナサンド』の収録でも序盤はとても緊張してしまったと語っていた。