BetaNewsは5月5日(米国時間)、「Windows Defender bug creating thousands of files on Windows 10 systems」において、Windows Defenderをデフォルトのセキュリティソリューションとして使っている場合、Windowsのシステムストレージ容量が予測外に不足する状況が発生していると伝えた。あるユーザーはWindows Server 2019のストレージ上に一晩で400万個のファイル(11GB以上)が生成されたと報告しているほか、Windows 10, version 20H2で一晩で10,800個以上のファイルが生成されたいう報告も見られる。

BetaNewsはこの問題について、Windows Defenderをデフォルトのセキュリティソリューションとして使用している場合に発生していると説明しており、特にエンジンバージョン18100.5が原因だと指摘している。この問題は18100.6で対処されたという報告も言及されている。

使用しているWindows Defenderのエンジンバージョンは次の手順で確認できる。

設定アプリケーション:「更新とセキュリティ」→「Windows セキュリティ」→「Windows セキュリティを開く」をクリック

Windows セキュリティ:「設定」→「バージョン情報」をクリック

「エンジンのバージョン」を確認

問題が発生しているかどうかは「C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Scans\History\Store\」で確認できる。ファイルはこのフォルダに保存されるため、このフォルダに大量のファイルが生成されている場合、この問題が発生している可能性がある。

ただし、この問題はWindows Defenderのみが原因ではない可能性も指摘されている。多くのユーザーがSophosの併用を報告していることから、Sophosが本問題を助長している可能性についても言及されている。