吹雪の槍ケ岳で3人遭難 男性死亡、2人の救助続く

写真拡大

 長野県と岐阜県にまたがる北アルプスの槍ケ岳で3日、登山をしていた3人が遭難し、男性1人の死亡が確認されました。

 警察によりますと、午後2時半ごろ、登山をしていた男性から「3人パーティーのうち1人が滑落した」と警察に通報があり、その後、全員と連絡が取れなくなっていました。

 救助隊員が登山道で倒れている男性1人を発見し、近くの山小屋に収容しました。

 男性は4日朝に長野県警のヘリコプターで救助されましたが、すでに心肺停止の状態で、その後に死亡が確認されました。

 他の2人はいずれも登山道付近で倒れているのが見つかり、県警ヘリが救助にあたっています。2人の容体は分かっていません。

 3日の槍ケ岳付近は天候は悪く吹雪だったということです。