小池百合子知事

写真拡大

 東京都の小池百合子知事は23日、都庁で会見を行い、午後8時以降の街の照明について、防犯の街灯などを除き「ネオン、イルミネーションは停止して頂くよう」に関係団体に協力を要請していくと話した。

 小池知事は「20時以降、街灯の看板、明るい看板、ネオン、イルミネーションなどを停止して頂くようお願いをいたします。夜は暗いです。街灯のみが灯ると、結果的になると思います。街灯を除きまして、すべての明かりを消すよう徹底していきたい。ご協力を願いたい。この後、関係団体にご協力いただくよう要請してまいりたい」と発言。

 70年代のオイルショック時や11年の東日本大震災で街のネオンなどが消されたことを例に挙げ、「(そのときは)電力を使わないということだったのですが、今回は人の流れを抑制する措置」と説明した。