画像はイメージです

写真拡大

 島根県邑智郡邑南町で紙おむつを不法投棄したとして、50歳会社員の男が逮捕された。

 男は20日午後、自動車に乗り邑南町の川を訪れると、法面に向かって使用済みの大人用紙おむつなどが入ったポリ袋を投げ捨てた疑いが持たれている。

 付近では大人用紙おむつ入ったポリ袋が44袋捨てられているのが発見され、警察官が付近を警戒していた。犯行を目撃した警察官が男を取り押さえ、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで逮捕した。警察によると、男は自宅で両親を介護していたのだという。これまでに発見された44袋のポリ袋についても、男の犯行である可能性が高い。

 両親を介護していたという男。心身ともに大きなストレスがあったものと思われるが、使用済みの大人用紙おむつは、正規の捨て方をするべきである。

 >>「ゴミ箱だと思った」37歳英国籍の男、郵便ポストに空き容器などゴミを捨て逮捕 「悪質」の指摘も<<

 著しくモラルを欠いた犯罪に、「こういう犯罪は重い罪にしてほしい。著しく迷惑だし、町も汚くなる。許せない」「常識が著しく欠如している。こういう人間が今、日本で増えている。外国人の影響もあると思う」「最近コンビニの店内に紙おむつを捨てないでと貼り紙がしてあった。本当に非常識な人間が増えている」と憤りの声が上がる。

 また、「言えばわかる、話せば分かるはもう通用しない。こういう人間がいる以上、不法投棄の罪を重くするべきだ」「自分の近所にも不法投棄をする人間がたくさんいる。警察もなかなか動いてくれない。島根の警察はよく動いてくれたと思う」「こういうのって氷山の一角だし、ゴミの量や常習性で逮捕の有無が変わってくる。もう少しなんとかならないものか」という指摘もあった。

 不法投棄を許せば、日本という国全体が汚れてしまう。どのようなものでも、するべきではない。