谷原章介

写真拡大

 21日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)で、MCの谷原章介が視聴者からの反感を買う場面があった。

 問題となっているのは、番組のお天気コーナー。スタジオとフジテレビの屋外にいる気象防災担当の天達武史キャスターを繋ぎ、この日の天気や気温を紹介していった。

 その中で、天達キャスターはこの日、特に九州で気温が上がると解説。画面に大分県の日田市の予想最高気温が29度だと表示されると、天達キャスターの解説の途中にも関わらず、谷原は「日田、僕友だち住んでますから。後でメールしておきますよ」と個人的なことを発言していた。

 さらに、北海道の網走では最高気温9度とかなり寒暖差があることが紹介されると、再び天達キャスターの解説の途中で谷原は「9度!?」と驚愕。「永島さん、コート出した方がいいんじゃないですか?」と隣にいる永島優美アナウンサーに謎のアドバイスを送っていた。

 その後も、天達キャスターが明日の東京の気温差が16度あることを説明している中、谷原は「じゃあ昨日衣替えした永島さん、(冬服を)もう一回出した方がいいですかね?」と大声で被せて質問。この暴走ぶりに、天達キャスターも永島アナも始終苦笑いしきりだった。

 ​>>谷原章介「お母さんの育て方が悪いとは思いません」殺害事件容疑者の母の告白に発言し賛否<<​​​

 この様子に、視聴者からは「解説が聞こえないから、お願いだから話遮らないで」「天気予報でMCの感想はいらないんだけど…」「話がひと段落した時に質問すればいいじゃん」といった批判が集まる事態になっている。

 「前番組の『とくダネ!』(同)MCの小倉智昭と比べ、その爽やかさがフィーチャーされている谷原。今回の話遮りは、その爽やかだけのイメージを覆すためにわざと行っているかと思うほどしつこく繰り返しており、結果多くの視聴者の不快感を買ってしまったようです。昼の情報番組『ミヤネ屋』(日本テレビ系)MCの宮根誠司を彷彿とさせるほどの遮りに、ネットからも『嫌いになりそう』『宮根並みに不快になった』という声が集まっています」(芸人ライター) 爽やかだけのイメージ脱却が、仇になってしまったのだろうか――。