チョコレートを使ってパブロ・ピカソの「ゲルニカ」のレプリカを作るショコラティエら。スペイン・レソで(2021年4月16日撮影)。(c)ANDER GILLENEA / AFP

写真拡大

【AFP=時事】西洋絵画の巨匠パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)の作品「ゲルニカ(Guernica)」のレプリカをチョコレートで作るスペイン・バスク地方のショコラティエら。

 大きさは横7.7メートル、縦3.5メートルの実物大で、バスク菓子職人協会(Euskal Gozogileak)のメンバーらが同地方の町レソ(Lezo)で製作している。

 バスクの小都市ゲルニカはスペイン内戦時の1937年、フランシスコ・フランコ(Francisco Franco)将軍の要請を受けたナチス・ドイツ(Nazi)の空軍によって爆撃を受けた。爆撃から85年目を迎えるに当たり、チョコレートのレプリカが25日からゲルニカで展示される。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ピカソ作「ゲルニカ」の説明に誤り 国連サイト 報道官が謝罪
アートへの情熱あふれるイースターエッグ 伊ローマ
【特集】モネ、ピカソからバンクシー、AI絵画も 高額落札された絵画