『珈琲いかがでしょう』の番組カット(C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会

写真拡大

 俳優の中村倫也が主演を務めるテレビ東京系ドラマ『珈琲いかがでしょう』(毎週月曜 後11:06〜11:55)の場面カットが19日、到着した。

【番組カット】宮世琉弥が怪しげな表情で急接近

 原作は、『凪のお暇』などで知られるコナリミサト氏の同名漫画。2014年〜15年にかけて「WEBコミック EDEN」で連載され、18年にアニメ化されている。いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、すてきな移動珈琲屋さん。店主の青山(中村)は街から街へ、行く先々で、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく――そんな“幸せを運ぶ珈琲物語”。

 ドラマ後半のキーパーソン・ぼっちゃん(宮世琉弥)と青山のシーン写真を先行公開。怪しげな表情のぼっちゃんと驚く青山。さらに、青山のどこか切なげな“金髪姿”のシーンも明らかとなった。