■『最強レスラー数珠つなぎ』女子レスラー編
「スターダムのアイコン」岩谷麻優 前編

◆岩谷麻優フォトギャラリー>>


「スターダム」唯一の一期生として活躍する岩谷麻優 photo by Hayashi Yuba

「ハイ、わかりました。そうですね......明日の朝イチまでには......。すみません、今、日本武道館なんです......。ええ、プロレスを......」

 電話を切った私は、駆け足で会場へ向かった。なんでこういう時に限って、原稿修正の依頼が来るかなあ! 苛立ちながら南東ゲートを探すも、極度の方向音痴のため、なかなか見つからない。今、第何試合なんだろうか......。コロナ禍で観客は声援を禁じられているため、中の様子がまったくわからない。なんとか間に合ってくれよ......。

 ようやく辿り着き、扉を開けると、会場は静まり返っていた。

 次の瞬間、"その人"はトップロープから高く宙を舞った。長身で細い体をしなやかに反らせながら、高く、高く! ......なんて綺麗なムーンサルト・プレス!

 1、2、3――。

 レフェリーに引っ張られるようにして、彼女は拳を突き上げる。勝った! 岩谷麻優が、勝った! 私は涙を流しながら、しばらくそこに立ち尽くした。

***

 数週間後、取材場所に現れた彼女は、黒のライダースに身を包み、ロックな雰囲気を醸し出していた。やや背中を丸め、所在なげにうつむいている。「スタイル抜群ですね」と声を掛けると、パッと明るく顔を上げ、「今、ラーメン食べて来たから、お腹出ちゃって」と恥ずかしそうに下腹部をさすった。

"スターダムのアイコン"岩谷麻優。「2019年度プロレス大賞」で女子プロレス大賞を受賞し、今や"女子プロレスのアイコン"と呼ばれている。誰もが認める受けの巧さから「テクニシャン」の名声をほしいままにする。前回インタビューした中野たむは、岩谷を「プロレスの天才」と評し、次の最強レスラーに指名した。

「自分自身、天才だなって思います。受けに関しては、女子の中だったらだれにも負けない自信がある」

 現在スターダムに所属する選手の中で、唯一の一期生。10年前のデビュー当時、「落ちこぼれ」「ポンコツ」と呼ばれていたことは、今となっては想像もつかない。しかしデビュー戦の試合映像を観ると、確かにそこには「ポンコツ」な彼女がいた。

「ウルトラマンって言われてたんですよ。試合開始から3分でスタミナ切れしてしまって、あとはヘロヘロ。やり返すパワーもないし、やられっぱなしで終わっていた。デビューしてから1年くらい、1勝もできませんでした」

 さぞかし努力したのだろうと思いきや、「努力はしたことない」と笑う。練習が嫌いでサボり続けていたため、ある日、先輩レスラーの堪忍袋の緒が切れた。90分のスパーリングを命じられ、疲れ果てて動けなくなっていると、「土下座して謝れ! 二度とサボらないと、みんなの前で誓え!」と怒鳴られた。

「『すみません、もうサボりません』って謝ったんですけど、翌日にサボりました。だって、そんなキツい練習したあとは休みたいじゃないですか。昨日頑張ったからもういいかなって」

 大丈夫なのだろうか、この人は......。「さすがに今はサボらないですよね?」と恐る恐る尋ねると、「サボらないです」とキッパリ言う。安堵していると「サボるという概念がないんです。行きたくなかったら行かないので、サボってはいません」と言われ、ひっくり返りそうになった。

「練習しなくても、できちゃうんですよ。頭の中で自分がその技をやっているところを100%想像できたら、試合で完璧に出せます」

 岩谷は左膝の靱帯を断裂して欠場したことがある。復帰戦は、ギプスが外れてから一週間後。リハビリ動画をTwitterに上げるとファンからは心配の声が相次いだが、プロとしてリングに立つ以上は大丈夫だというところを見せなければならない。

「それでムーンサルトをやったんです。ムーンサルトって、みんな膝を壊すんですよね。だから逆にやっちゃおうと思って。一度もやったことなかったんですけど、頭の中でイメージできたので。バック転もバック宙もできないんですけどね。アハハハ」

 笑い事ではない。失敗したら命に関わる。岩谷の無鉄砲さと天才性に、背筋が凍った。

 1993年2月19日、岩谷は山口県美祢市で生まれた。家からコンビニまで徒歩40分かかる田舎町。父と母、6歳年上の兄と3歳年上の兄がいる。子どもの頃からやんちゃだったが、中学に上がるとべつの意味で"やんちゃ"になる。母親が学校に呼び出されることもよくあった。

 高校は1年生の時、中退した。同時に人間関係のもつれから、引きこもりになった。引きこもっていた2年間のうち、外に出たのはたったの3回。それも庭に出て空を見上げただけで、家の敷地からは一歩も出なかった。


今や、女子プロレスを代表するレスラーになった岩谷(写真提供:「スターダム」」

「最初は恐怖心から引きこもってたんですよ。トラウマがあって、夢に出てきたりとか。毎日ビクビク怯えながら、家に隠れている感じでした。でも次第に薄れてきて、それからは漫画を読んだり、天井を見て妄想したり。そのあと、焦りの段階に入るんです。同級生がみんな進学や就職する時期に、自分はこの先、何をするのかと」

 筆者もかつて鬱病になり、引きこもっていた時期がある。来る日も来る日も、天井を見て過ごした。そんな話も、岩谷は明るく受け止めてくれた。ここからは彼女とのリアルなやり取りを再現したい。

――怖れる、薄れる、焦る、という三段階はよくわかります。

「段階ありますよね」

――天井は未だに見つめています。

「私もですよ! 超インドア派なので、できれば家から一歩も出たくない」

――天井を見ながら、どんなことを妄想していたんですか?

「芸能人と恋愛する妄想ですね。ジャニーズが好きで、当時は嵐。ニノ(二宮和也)担でした」

――私もニノ担でした! 夢小説(※「ドリーム小説」のこと。特定の登場人物の名前を読者が自由に設定して読むことができるウェブ上の小説)とか読んでいましたか?

「読んでました! 名前を『まゆ』にして、自分に置き換えて読んでましたね。懐かしすぎる!」

――引きこもりを脱したきっかけは、プロレスだったんですか?

「そうです。ある日、2番目のお兄ちゃんとテレビのチャンネル争いをして負けて、お兄ちゃんはプロレスファンなので、プロレス中継を観ることになったんですよ。すごいイヤだったんですけど、ご飯を食べながらなんとなく観ていたら、『なんだこれ!?』と思って。ドラゴンゲートの試合だったんですけど、展開が早いし、『人間ってこんなことができるんだ!』って。プロレスっていうスポーツがあることも知らなかったんですけど、一気にハマりました。そこから妄想癖に変化があったんですよ」

――どんな変化があったんですか?

「それまでは非現実的な恋愛とかがメインだったけど、『プロレスラーになった自分』を妄想するようになったんです。こんな技を使って、こんなコスチュームを着て、とか。ドラゴンゲートの選手の入場曲が入ったCDを買って、これを自分の入場曲だと思おう、とか。そういう中で、お兄ちゃんがプロレス観戦に誘ってくれた。それが本当に久しぶりの外出でした」

――お兄さんは嬉しかったでしょうね。

「ですかねぇ? 妹がプロレスにハマるとは思ってなかっただろうし。その時の席は、最前列の一番端の通路側だったんです。本当はやっちゃいけないんですけど、テンションが上がりすぎて選手の体をベタベタ触ったりして、純粋にプロレスにハマった自分がいました」

――純粋にプロレスが好きでデビューする女子レスラーは、最近では珍しい気がします。

「女優さんの卵みたいな人がいっぱい入ってきますし、『プロレスは観たことないです』っていう選手も多いですね。自分がどうとかじゃないんですけど、プロレスが好きで入った人とそうでない人とでは、動き方も考え方も全部が違います」

――だから、岩谷選手は成長スピードが速いんですね。

「練習で技を教えてもらう時に、例えばボディスラムとかも、プロレスを観ていない人は手をどこにやるとか、わからないと思うんです。でもプロレス好きな人は日常的に観ているわけだから、『あ、これはあの選手がやってた技だ』とか、『こういうふうに投げるんだよな』っていうのが、頭の中でイメージが湧く。全然違いますね」

――飯伏幸太選手に似ているなぁと感じます。飯伏選手も「頭の中でイメージできた技は100%できる」とおっしゃっていました。

「いろんな人に例えられるんですよね。飯伏さんに似てると言われることも多いし、(獣神サンダー・)ライガーさんにはオカダ(・カズチカ)さんって言われるし。団体での立ち位置的には棚橋(弘至)さんのような部分もあるし。だれが一番近いんだろうなあ?」

――男子レスラーっぽさはすごくありますよね。

「デビュー当時、女子特有の受け身が主流だったんですけど、自分は"女子受け身"が大嫌いだったんです。『え? なに、この受け方? ショボ!』みたいな。そこから自分はだれに教わるとかじゃなく、自分が観てきたプロレス、自分が好きなプロレスをやり続けた結果、『あいつはすごい受け身を取る。なんでケガしないんだ?』っていう噂が流れました」

――今は男子寄りの受け身を取る女子レスラーが多いような気がしますが、岩谷選手の影響でしょうか?

「自分が女子プロレスの受け身をひっくり返した人間だと自負してます。(スターダムのGMだった)風香さんが指導者だった時、後輩に『岩谷麻優をお手本にしろ』と言ってくれて、(紫雷)イオさんもコラムで『受けに関しては岩谷麻優には勝てない』って書いてくれていた。そこは本当に自信を持っています」

――男子プロレスは今でも好き?

「ここ数年、全然観てないんですよ。自分が完成されたというか、自分がなりたいプロレスラーになっている自信があるので、自分の試合を観るのが好き。引きこもり時代に妄想していた、想像の中の自分になれている。ここまで上に行けるとは思ってなかったですけど」

――引きこもっていた時の自分に、なんて伝えたい?

「人生、なんとかなるよ!」

 なんて明るい人なんだろう......。明るいのはすばらしいことだが、取材をする立場としてはどうにか"闇"を引き出したい。取材が進むにつれ、私は焦りを感じていた。

(後編に続く>>)【プロフィール】
■岩谷麻優(いわたに・まゆ)
1993年2月19日、山口県生まれ。163cm、53kg。スターダムに1期生として入団。2011年1月23日の団体旗揚げ戦でデビュー。およそ1年間、シングル未勝利が続いたが、高い身体能力と抜群のプロレスセンスで頭角を現し、2015年、16年と「シンデレラ・トーナメント」を連覇。紫雷イオと組んだ「サンダーロック」で、ゴッデス王座V10を達成。17年にはワンダー・オブ・スターダム王座に続き、ワールド・オブ・スターダム王座を戴冠。19年、米国ROH女子王座を獲得し、翌年、新日本プロレスのMSG大会で防衛戦を行なった。2019年度の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞女子プロレス大賞」受賞。Twitter:@MayuIwatani