貿易収支、3月は6637億円の黒字 黒字幅は予想上回る

写真拡大

[東京 19日 ロイター] - 財務省が19日発表した貿易統計速報によると、3月の貿易収支は6637億円の黒字となった。ロイターの予測中央値は4900億円の黒字で、公表された黒字幅は予想を上回った。黒字は2カ月連続。

輸出は前年比16.1%増の7兆3781億円と、2カ月ぶりに増加した。自動車や非鉄金属、プラスチックがプラスに寄与した。輸入は前年比5.7%増の6兆7144億円と、2カ月連続で増加した。医薬品や鉄鉱石、電算機類の輸入が増えた。

輸出のうち、米国向けは前年比4.9%増の1兆2395億円と5カ月ぶりに増加した。欧州連合(EU)向けも同12.8%増の7145億円と、20カ月ぶりにプラスに転じた。

対中輸出は前年比37.2%増の1兆6344億円と9カ月連続で増加した。プラスチックや原料品、非鉄金属の輸出が伸びた。

単月の実績と同時に公表した2020年度の貿易収支は1兆3070億円の黒字となり、3年ぶりに黒字を確保した。

*情報を追加し、再構成しました

*財務省の発表資料は以下のURLをクリックしてご覧ください。

http://www.customs.go.jp/toukei/latest/index.htm

(山口貴也 編集:内田慎一)