エジプト首都カイロ北郊で脱線転覆した列車の車両に上った人たち(2021年4月18日撮影)。(c)Ayman AAREF / AFP

写真拡大

【AFP=時事】エジプトの首都カイロ北郊で18日、列車が脱線する事故があり、11人が死亡、98人が負傷した。保健省が明らかにした。

 保健省によると、軽傷の14人はすでに退院した。

 内閣によると、カイロから北部マンスーラ(Mansoura)に向かっていた列車の車両4両が脱線した。事故原因は明らかになっていない。

 治安当局筋はAFPに対し、運転士ら鉄道関係者が取り調べのため拘束されたと明らかにした。

 アブデルファタハ・シシ(Abdel Fattah al-Sisi)大統領は18日、軍の工兵当局に事故調査を命じた。

 エジプトでは列車事故がたびたび発生しており、先月にも少なくとも20人が死亡する事故が起きたばかり。原因のほとんどは、インフラと維持管理の不備となっている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
エジプト列車事故、死者19人に修正 負傷者は185人に
列車衝突現場で救急隊員が自撮り、辺地送り処分に エジプト(2017年)
エジプト10階建てビル倒壊、死者25人に