画像はイメージです

写真拡大

 時代と共に変わる結婚様式。ワイドショーやドラマでも、「オープン婚」「婚外恋愛」など婚姻契約にとらわれず、自由に恋愛する男女が度々話題になることもある。しかし、規律を重んじる日本では、いくら夫婦間で了承しているとは言え、夫や妻以外の異性と自由に肉体関係を結ぶことに嫌悪感を抱く人も多いのではないだろうか? 片岡沙也加さん(仮名・35歳)も夫と自身も共に別のパートナーを作り、さらにその事を堂々と周囲に「宣言」していたと言う。

 「夫のI朗は商社勤務。私は出版社に勤めていてお互いに金銭的余裕もありました。子どもは小学生の娘が1人。オープン婚のきっかけは夫からの提案でした。私も夫も性欲が強く、相性も良かったのですが、“もっと他の人と寝てみたい”“色々なプレイをしてみたい”と言う気持ちを持っていました。でも、2人とも多忙ということもあって、タイミングも合わせ辛くて…。特に娘が生まれてからは私もお世話にかかりきりでしたし、夫が外で処理してくれるならその方がラクかな…と思って同意してしまったんです。性欲が解消できない辛さは私自身もよく分かっていましたしね」

 ​>><実録!不倫カップルの顛末>既婚男性を狙う略奪女…策略に溺れた女の想定外の結末<<​​​

 夫の不倫に目をつぶる形になった沙也加さん。その時は、自分も外に愛人を作ろうなどとは思っていなかったと言う。転機は、産休明けで復帰した会社での出会い。20代の男性と知り合ったのだ。アプローチをしてくる彼に押される形で肉体関係を結ぶことになった。

 「事前に、夫からの提案が無かったら彼とはそういう仲にはなっていなかったと思います。私も行為は好きでしたし、夫も外で他の女性と寝ている…じゃあ、私もいいかな?って…。正直、テクニックは、夫の方が上でしたが、粗野で全力でぶつかってくる彼も新鮮で、素敵でした。仕事柄、男性との出会いは多い方だったので、次々と男性と関係を結んでいきました」 夫婦の関係を「時代の最先端」「夫婦の新しい形」など羨望する声も多かったという。しかしこの後、夫婦は手痛い代償を支払うことになる。