有吉弘行

写真拡大

 お笑いタレントの有吉弘行(46)が18日、自らがパーソナリティーを務めるJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜後8・00)に出演。長野のローカル番組を3カ月でクビになった際のエピソードを明かす場面があった。

 芸人の地方移住の話題になると、有吉は長野放送「YOU・遊・気分 土曜だ!ぴょん」(01年〜03年)時代を振り返る。お笑いタレントの土田晃之(48)がMCを務めており「劇団ひとりもそこに出てたんだけど忙しくなって。俺が代わりに入ったんだけど3か月でクビになったのよ」と笑う。

 有吉が不在のときの代演で、元お笑いタレントの末吉くん(52)が出演したことがあり「そこで、すごく長野県民の人の心をつかんだのよ。俺は結婚式で毒舌吐いたりして不評だったからさ。それで俺が3カ月でクビになった後に、末吉くんがレギュラーになったのよ。長野に愛されるタレントさんになって」と懐かしむ。

 しかし、1つ気になることがあるという有吉。「たまにニュースで『有吉が勝てなかった男』とか『有吉が負けたタレント』とか書いてあってさ。1回も負けてねぇから!」と言いながらも「末吉も、この世界辞めちゃったからさ。あおり記事とかでイヤな思いしただろうなと思ってさ」と気遣いを忘れなかった。