なぜ普通の少年が「持続化給付金詐欺」に加担してしまったのか?(写真:タカス/PIXTA)

投資詐欺に遭った大学4年生の青年と、ニュースで報道されるまで「持続化給付金の不正受給は違法」だと知らなかった18歳少年。2人はなぜ犯罪者の手口にやり込められたのか? 今、日本で実際に起きている「詐欺の手口」を元捜査一課刑事でデジタル操作班長として活躍してきた佐々木成三さんの書籍『スマホで子どもが騙される』より一部抜粋・再構成してお届けします。

2020年9月のある日、実際に投資詐欺に遭い、さらに闇バイトによる詐欺に遭いそうになったという大学生に直接話を聞くことができました。待ち合わせの喫茶店に現れた彼の印象は、いかにもお金が好きそうな派手な大学生……ではありませんでした。

話してみると性格は大人しく素直で、受け答えもはっきりできる好青年。現在私立大学の4年生で、将来は教師を目指しているとのこと。中高時代から野球をしていて、犯罪経歴はもちろんなく、過去だまされたこともなかったそうです。

ただ本人が言うには、誘惑に弱く、人から頼まれると断れない性格。そしてお金に対する願望が強いほうだったそうです。とても詳しく話してくれたので、その一部をわかりやすく箇条書きで紹介しましょう

なぜ「投資詐欺」を信じてしまったのか?

・ツイッターのアカウントを使って、現金プレゼント企画のアカウントをたくさんフォローしていた。その理由は、お金に興味があり、現金プレゼントをしている起業家から本当に自分の友だちが10万円をもらった経緯があって、ほかにも同じようにお金を配ってくれる人がたくさんいると思っていたから。

・ツイッターをフォローすると、おいしい投資の話、副業やいい資金調達方法ありますよ、などのダイレクトメッセージがたくさん来る。そのアカウントの多くに札束の写真が投稿にあり、この人たちはお金をたくさん持っている人なんだと思ってしまった。

・メッセージのやりとりをしていたら、「今日会えるか」と言われ、お金がほしいので会うことに。都心のホテルのカフェで待ち合わせをしたら、20代前半くらいの華やかな容姿の女性Aさんが現れ、「将来、教師を目指している」ことなどを話した。その女性は、「昔はだまされて借金をたくさんしたけれど、今は、いろいろな人に助けられて稼げている」などと言い、投資のチャートも見せられた。

・投資をしている人や経営者もたくさんくるパーティに誘われて出席。みんなやっているから投資は安心だよとAさんに声をかけられ信頼をもち、投資したい気持ちが加速した。

・車を転売することによる投資話を勧められた。最初の2カ月は5万円をもらったが、その後、全くお金が入って来ず、初めてだまされたことに気づいた。

・投資詐欺に遭った後も、お金がほしいという誘惑に負け、副業、資金調達などのワードで検索。「今から稼げる単発仕事あります」の言葉に誘われ、メールを送った。

・相手から、以降はテレグラムでやりとりをするというメッセージがきて、テレグラムを使ってやりとりをした(注:テレグラムとは、ロシアで開発されたインスタントメッセージシステム。一定の時間が経つと消えるため、犯罪に使われることがある)。

・相手から頼まれた仕事は、事前に承諾を得ているお客様からキャッシュカードを預かって、代わりに引き落としてあげる仕事。「担当にそのカードを渡す仕事だよ」と言われた。さらに「キャッシュカードを盗む人が多いので、保証になるものとして免許証と学生証を写真で送って」と言われ、免許証と学生証の写真を送った。

・「ほかに、仕事に何が必要ですか」と聞いたら、某コンビニのポイントカードなどを10枚そろえること、白い紙とネームプレートと封筒、メモ帳2つ、ハサミ、ノリを用意してほしいと言われた。

・「当日銀行員の名刺を用意します」と言われ、あらかじめ用意したものと写真を見せてくださいと頼まれ、封筒やメモなど用意したものを写真で撮影して相手に送った。また、服装はチノパンにポロシャツにしてほしいと言われ、その服装も写真で送った。

・都内のC駅に集合してほしいと言われ、「やりたい友達を紹介したら、何パーセントか取り分をあげるから」と言われ何か怪しい気持ちになり、インターネットで調べたら、これはキャッシュカード詐欺と気づいた。

・C駅に行かないと断ると、「もし逃げたら教師になることはできないよ」と脅された。そのあと、怖くなって、連絡が来てもずっと無視をした。

純粋な学生ほどだまされる

いかがでしょうか。だまされるほうが悪いと言うのは簡単です。でも大学生くらいになれば、高額なお金が必要になったり、お金持ちに憧れたりすることは決して珍しいことではありません。

また、だまされるほうも、犯罪を犯してまでお金を稼ごうと思っているわけでもありません。純粋な学生さんほど、「犲磴た佑魃援したい、困っている人にお金をあげたい〞と思う人が世の中にはたくさんいる」と思っていたりします。あなたのお子さんは、大丈夫ですか?

次は、最近多くの人がだまされた持続化給付金の詐欺の話です。私の知人の息子さんが実際に詐欺に遭い、話を聞くことができました。

「持続化給付金」の不正受給に加担したB君

持続化給付金とは、新型コロナウイルスの感染拡大で経営や仕事に大きな影響を受けている中堅・中小企業、小規模事業者やフリーランスを含む個人事業者に対して、事業の継続を支えるために給付しているお金です。

だまされたのは18歳のB君です。不正受給が発覚したのは、B君の父親に、ある会社の社員からかかってきた電話でした。その内容は、「息子さんから弊社の社員に持続化給付金を不正受給してお金を稼ごうという誘いのLINEを受けている。弊社としてはこの事実を看過できないため、連絡した。もし犯罪行為をしているのであれば、持続化給付金を返済した上で、警察に出頭したほうがよい」というものでした。

父親がB君に連絡すると、100万円不正受給したことを素直に認め、警察に出頭しました。

B君が不正受給した経緯は以下のとおりです。

・インスタグラムで「簡単にお金を稼ぐことができる」といった内容の投稿を見て、B君が投稿者(今回の主犯)にダイレクトメッセージを送る。


・相手(犯罪者)から、「持続化給付金は、本来はもらえない18歳以上の学生でも社会人でも生活が苦しいのであれば30万円をもらえる」とメッセージがくる。お金がほしかったので、その話に乗る。このとき、犯罪者に自分の個人情報を伝える。このときB君には、これが詐欺になるという認識は全くなかった。

・犯罪者から「まずは確定申告をしなければいけないから、こちらで作った確定申告書を税務署に持っていくように」と教示を受け、税務署に確定申告を行う。

・確定申告終了後、犯罪者と電話をつなぎながら、持続化給付金をインターネットで申請。申請は全て犯罪者から電話で教えてもらいながら入力する。

・申請後2週間くらいで100万円が着金されたので、そのお金の手数料として70万円を、その日のうちに犯罪者に手渡しする。犯罪者(20歳前後の男性)は自宅近くまでお金を取りに来た。

・そのとき、「同じやり方で紹介をしたら1万円あげる」と言われ、友人の社員などにLINEをする。

・テレビのニュースで持続化給付金詐欺が報道されるようになり、怖くなって紹介をやめた。

詐欺だと気づいてもいなかったB君

どう思われましたか?

読んでわかるように、B君は持続化給付金のニュースが流れるまで、これが詐欺だとも気づいていませんでした。しかも、給付された100万円のうち、手数料として70万円も犯人に渡しています。手元には30万爐靴〞残らないことになりますが、B君からすれば「30万円爐〞手に入った」と思ってしまったようです。

しかも、最終的には100万円を返金することになり、B君は大損をしたことになります。もし身近に、資格がないのに持続化給付金を不正受給している人がいたら、ぜひ、まずは100万円を返金して、警察に出頭するように助言してあげてください。

それは、その人の個人情報を知ってしまった犯罪者からこれ以上、狙われないようにするためです。警察に摘発されることを恐れて、犯罪の深みにどんどんはまり込み、犯罪を重ねてしまうよりも、わかった時点で自首することが、何よりも本人のためなのです。