個性ある競走馬を操作する楽しさがあった

写真拡大

―[絶対夢中★ゲーム&アプリ週報]―

◆「馬が美少女に見える!」

 2月24日に配信が始まった競馬アプリ『ウマ娘 プリティダービー』が大ブレイクしています。配信から1ヵ月半でなんと500万DLを突破! 『ウマ娘』効果で配信元のサイバーエージェントだけではなく、なぜか東京都競馬(東1・9672)の株まで高騰を見せています。

 先日行われたG1桜花賞も昨年より30%増の馬券売上182億円となり、奇跡の白馬・ソダシ効果に加え、「『ウマ娘』効果も大きかった」との声もチラホラ。

 この『ウマ娘』が評価されている理由は、育成の面白さ、キャラのかわいさ、グラフィックの質の高さといろいろありますが、特筆すべきは実際の競馬の逸話が随所に折り込まれている点。制作陣の競馬への愛が感じられ、ゲームからリアルな競馬へと興味が広がる内容となっています。

「競馬は推しを100円で応援できるからありがたい」「ウマ娘の影響で競馬中継を見始めた。馬が美少女に見える!」「10連ガチャと同じくらい馬券も興奮する」といった、『ウマ娘』をきっかけに競馬を始めたと思われるゲームファンの感想もSNSを中心にあふれています。

 こうした「競馬ゲーム→リアル競馬」の図式は『ウマ娘』から始まったことではなく、かつての競馬ゲームもギャンブルとは異なる視点で、新たな競馬ファンを生んできました。今回のコラムは主な競馬ゲームの歴史をざっと振り返っていきたいと思います。

◆〜競馬ゲームの歴史をたどる〜 ファミリージョッキー
ナムコ/1987年

 まず、ファミコンの競馬ゲームのルーツといえばナムコ『ファミリージョッキー』(1987年)。馬を操作してレースで勝ち進んでいくアクションで、競馬をカジュアルな方向性で広めたのが最大の功績。馬券を購入して所持金を増やすモードもあり、4人で予想することもできました。平地のG1が障害レースになっているなど、リアルとは異なる部分も多いですが、今遊んでも楽しいタイトルです。

◆ベスト競馬・ダービースタリオン
アスキー/1991年

 そして中高生のゲームファンをリアル競馬に引き込んだタイトルといえば、1991年に初代がファミコンで登場し、以降人気シリーズとなった競走馬育成シミュレーション『ダービースタリオン』。

 1990年に日本中が感動したアイドルホース・オグリキャップの有馬記念ラストランがあり、リアルな競馬シーンも盛り上がっていましたが、『ダービースタリオン』はさらに奥深い競馬の魅力を伝えました。

 レースのローテーション決めや調教などコンディション作りと、血統理論に則った配合がゲームの核。『ダビスタ』にハマった中高生から「牧場に配合の組み合わせを指示する手紙が届いた」といったエピソードも記憶に残っています。シミュレーションゲームとしては『ウイニングポスト』シリーズや『ダビつく ダービー馬を作ろう!』シリーズもヒットしました。

◆ギャロップレーサー
テクモ/1996年

『ダビスタ』の成功をきっかけに、競馬がゲームの1ジャンルとして確立します。ジョッキーとなって馬に騎乗するレースゲーム的なアプローチとしては、テクモ『ギャロップレーサー』(アーケード・PS1/1996年)が草分け的存在。BGMもノリがよく、直線で他馬を抜き去る爽快感は抜群でした。

 その後コーエーから『ジーワンジョッキー』(PS1/1999年)、アーケード向けには実際に馬型シートにまたがって操作するナムコ『ファイナルハロン』(1997年)なども登場しています。

◆ダービーオーナーズクラブ
セガ/1999年 アーケードの大型筐体で一世を風靡したのがセガの競馬育成シミュレーション『ダービーオーナーズクラブ』(1999年)。競走馬を育成し、レースパートでは複数のサテライトで同時に出走して、ムチなどのボタンを押して対戦するという内容でした。カードで競走馬の記録を保存できるのも当時としては目新しく、ブームとなりました。