彼氏の前で大オナラしちゃった!赤っ恥から救ってくれた彼の神対応とは

 あなたは、好意を抱いている男性の前で恥ずかしい失敗をしてしまった事はありますか?

 特にシモ系の失敗をしてしまうと立ち直れないですよね…。今回は、そんな女性2人のエピソードをご紹介しましょう。

◆彼氏の前で無理してイイ女を演じていた

「これは2年程前、今の彼(H幸さん・30歳・会社員)と付き合いたての頃の話なのですが…当時の私はH幸にいい女だと思われたくて、必死に格好つけていたんですよ」と話すのは、N実さん(26歳・契約社員)。

 すっぴんや髪の毛がボサボサのところは見られたくないので、彼より必ず遅く寝て、彼より早く起きて身なりを整え朝食を作ってから、優しく起こしてあげていたんだとか。

「H幸に『N実はいつも綺麗にしていて、すごくしっかりしていて僕にはもったいないぐらいの彼女だ』と言ってもらえるのが嬉しくてかなり無理していたんです。一人の時はダラダラ昼過ぎまで寝たり、ずっとパジャマのままでスナック菓子ばかり食べているのに」

 そんなある日、彼氏のベッドで一緒に寝ていると…。

◆寝ている間にオナラしてしまった

「私、H幸がふと目が覚めた時に変な寝顔見られたら嫌なので、いつも気を張ってH幸が寝返りを打った時に可愛い寝顔を作ったりして、はっきり言ってほとんど眠っていなかったんですよ」

 ですがその日は疲れが溜まってしまい、ぐっすり眠りに落ちてしまったN実さん。

「すると『バフッ!』っとすごい音がして目が覚めて…H幸がクスクス笑っていてハッとしたんですよ。私、寝ている間に気を抜いて大きなオナラをしてしまったんです」

 ずっといい女を演じてきたのに、ビックリするぐらい大きなオナラを聞かれてしまい、恥ずかして耐えられなくなったN実さんは思わず泣いてしまったそう。

◆泣く私に、彼がかけた言葉に感動した

「オナラをして泣くなんて、今思うとバカみたいですが(笑)当時の私には、本気で深刻な事態でヒックヒックと号泣してたら…H幸が優しく抱きしめてくれて

『大丈夫、これは夢だから。起きたら2人共この事は忘れてしまうから安心しておやすみ…』と肩をポンポンされているうちに、いつの間に眠って。これがH幸と一緒に初めて熟睡できた夜でした」

 翌朝起きてから、2年経った今でも彼氏はこの“オナラ号泣事件”の事には一切触れてこないのだとか。

「優しい人だな、と感心してしまいます。ホント赤っ恥な思い出ですが、H幸の事をより深く知る事ができたので、今では良かったなと思っています」

 続いては、気になる男性とドライブ中に恥ずかしい失敗をしてしまった女性の経験です。

◆初デートのドライブ中トイレに行きたくなった

「コロナが流行りだした昨年の前半に、感染予防のことで価値観が合わなくて彼と別れてしまって」

 それ以来やっと先日、気になる男性にドライブデートに誘われたA香さん(34歳・会社員)。

「友達の紹介で知り合ったK二さん(35歳・メーカー勤務)とは、何年か前から知り合いだったのですが…最近また連絡がきてシン・エヴァンゲリオンの話で何だか盛り上がってしまい、誘ってもらえて嬉しくて」

 エヴァンゲリオンの聖地がいくつもある箱根に行く事になった2人。A香さんの最寄り駅前で待ち合わせて、K二さんの車の助手席に乗り込みドライブデートがスタートしました。

「LINEや電話で何度もエヴァトークしていましたが、実際に会うのは久しぶりだっのでつい緊張して喉がかわいてしまい、ペットボトルのお茶をガブガブ飲んでしまったんです」

 そんな最中、渋滞に巻き込まれてしまった2人。次のパーキングエリアまでもかなりありそうです。「私、かなりギリギリまで我慢していたんですが、どうしてもオシッコしたくてたまらなってしまって」