農産物の放射性物質検査結果がねつ造された問題について記者会見する県幹部ら=県庁

 神奈川県は16日、県内産の農産物を対象に実施している放射性物質検査について、農業振興課の20代男性職員(3月末に退職)が2020年度の検査結果をねつ造してホームページ(HP)などに公表していたと発表した。

 県によると、20年度の検査結果を公表した37検体のうち、ミカンやキャベツ、飲用茶など9検体について、検査を実施していないにもかかわらず、男性職員が架空の検査結果を作成。20年11月以降、県のHPで公表していたほか、厚生労働省のHPにも掲載されていた。

 架空の検査結果は食品衛生法上の基準値内だった。