※野沢直子オフィシャルブログより

写真拡大

アメリカを生活の拠点にしているお笑いタレントの野沢直子が15日に自身のアメブロを更新。息子に文句が言えないことを明かした。

この日、野沢は「文句言いづらい」というタイトルでブログを更新。息子について、中学生くらいの頃から「古くなったコンピューターや携帯やらを解体して、バラバラにして、そこからまた何かコンピューターとか組み立てる、ていう、私にはさっぱりわからないことをしています」と明かした。

続けて、高校生のときには「友達のお父さんが働いてるオフィスが引っ越しの時、いらなくなったコンピューターやプリンターを何台ももらってきて、気狂いそうになりました」と振り返り、「時々、なんかそういうの道で拾ってくることもあったりね」とコメント。現在は「さすがになんか拾ってくるみたいなこともなくなりました」と述べるも、組み立てている途中の機器を公開し「二十歳になった今、またなんか組み立ててます」と説明した。

さらに「ダイニングテーブルで作業してて、いろんな物広げちゃって邪魔」と本音を吐露するも、「なんかのめり込んでるんで私も怒る気も起きず」と怒るに怒れない様子。「他の家族の皆さんも何も言わず、結局みんなすごい端っこでごはん食べてます」と食卓の状況を説明した。

最後に「自分の部屋でやれよ、、とは思うんですけど、なんかすごい真剣なんで文句言えない」と悩ましい様子でコメントし、「他のことだと、よく怒鳴りますけど。笑笑」とお茶目につづり、ブログを締めくくった。