月額料金を支払うことで好きな時に別荘に宿泊できるサブスクリプションサービス「SANU 2nd Home」が4月15日、初期会員の選考受付を開始した。同サービスは、2021年秋のローンチを予定。関東近郊の"セカンド・ホーム"を通じて、身近な自然の中に繰り返し通う生活様式を提案する。

今回は、21年度内に5拠点40棟の宿泊施設をオープン予定。さらに、22年夏頃までに5拠点を追加し、計10拠点90棟を展開する予定としている。

「別荘購入は高額かつ維持費が高く、ホテルは繰り返し通うのが難しい」


同サービスは、自然の中で生活を営むための"もう一つの家"を提供するサブスクリプションサービス。都市生活にベースを置き、繰り返し自然の中に通う生活スタイルを多くの人に届けたいとしており、月額料金で日本国内の様々な拠点に滞在できる仕組みになっている。

宿泊施設の展開予定地は、おおむね都心から片道2時間程度の場所に点在。リリースでは「白樺湖」「白馬」(以上、長野県)、「みなかみ」「北軽井沢」(以上、群馬県)、「山中湖」「河口湖」「八ヶ岳南麓」(以上、山梨県)など国内有数の景勝地が挙げられている。

料金プランは、月額5万5000円(税込み)。ただし、金〜日曜日および祝日、祝前日は、一泊あたり5500円(同)の追加料金がかかる。

同社はリリースで、「従来型の別荘購入は高額かつ維持費が高く、ホテルでは繰り返し通うのが難しいと考え、セカンドホーム・サブスクリプションサービスという形に至りました」と説明している。