画像はくまモンのTwitterスクリーンショット

写真拡大

甚大な被害をもたらした2016年4月14日の熊本地震前震から今日で5年。熊本の復興シンボル・熊本城天守閣が26日に一般公開されるなど、被災地の復旧・復興は着実に進んでいる。この5年目の朝、くまモンは、熊本城を前に復興にむけた決意をTwitterで表明。「一歩ずつ、一歩ずつ進んでいくモン☆これからも心をひとつにがんばるモン!」とメッセージを発信した。

熊本城全体の復旧期間は約20年の見込み。仮設住宅では、今も418人が生活しているなど、復旧・復興を最優先しながらの中長期的な取り組みも必要となっている。熊本市の大西一史市長は、あの日”の写真をTwitterに投稿。「あの日災害対策本部の席で熊本を必ず復興させると誓ってから5年。引き続き熊本の為に全力を尽くします」とコメントした。犠牲者への追悼と、寄せられる支援への感謝の言葉も綴られている。

また、「ONE PIECE熊本復興プロジェクト」オリジナルアニメーション「EPISODE OF KUMAMOTO 〜蘇るヒノ国の秘宝〜」も14日から公開。ルフィやバギー、くまモンが熊本県内を巡り、熊本地震や令和2年7月豪雨からの復興の状況や熊本の魅力を紹介する全6本のアニメーション動画となっている。