スエズ運河庁、座礁事故の損害9.16億ドルと主張 船を留置

ざっくり言うと

  • スエズ運河で3月に発生したコンテナ船「エバーギブン」の座礁事故
  • スエズ運河庁は船主に9億1600万ドルの損害賠償を求めている
  • 交渉が継続する中、同船は運河の中間にある湖に留め置かれている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x