田舎で農業に挑戦することを決めたアラフォー漫画家。金額的には手が届きそうな農地があっても農地法の壁があり、なかなか動き出せずにいたが――!?

週刊誌のムチャぶりで、生まれも育ちも東京のアラフォー漫画家が田舎で農業に挑戦――。


漫画で食べていけなくても、農業で食べていければと考えていたが、数年経っても農業での年収は10万円にも満たない。精魂込めて、作物を育てて、収穫しても、買いたたかれるだけ。せめて自給自足の生活ができるようになればと目指すものの……。

移住先では人間関係のトラブルで3度も引っ越す。コミュニケーション能力が求められるのは田舎も同じ。都会で生きづらい人は、田舎でも生きづらい。

いまはコロナ下で地方移住の人気も高まっている。しかし、家庭菜園用に畑を借りるだけでも、実は農地法によって一苦労だ。なぜ地方移住、新規就農を成功させるのはこれほどハードルが高いのか?

『週刊SPA!』誌上で、淡々と田舎のリアルを描き、“SPA!の良心”と呼ばれる農業エッセイ漫画『ぼっちぼち村』(扶桑社)。田舎暮らしの先駆者の葛藤を一部抜粋してお届けします。

壁の超え方


(c)市橋俊介/扶桑社


(c)市橋俊介/扶桑社

※『ぼっちぼち村(1)』(こちらをクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)