2021年3月8日、ある女性がTwitterにこんな投稿をした。

【写真】この記事の写真を見る(9枚)

《横浜●●(※Twitter上では交際クラブ名)交際クラブ事件 お手当30%ピンハネ前代未聞 しかも昨日面談行った女の子に「●●(※Twitter上では男性の苗字)」に恐喝されて12万円取られました しかも女の子が勧誘して「●●」に紹介しているのでこのアカウントにご注意を レクチャー代請求とかもうワロタwww》

 その後、このツイートを見たという複数の女性から、「文春オンライン」編集部に情報提供が寄せられた。女性たちは、この交際クラブをめぐり同様の被害に遭ったというのだ。被害者に共通しているのは《高級交際クラブ》《白スーツの男》《性的な講習》というキーワード。彼女らは高級交際クラブに登録しようとしたところ、ある人物らに「ハメられた」のだという--。(全4回の1回目)


“白スーツの男”らが女性を集めるために運用していたTwitterアカウント

◆ ◆ ◆

“紀州のドン・ファン”変死事件で知られるところとなった高級交際クラブ

 高級交際クラブといえば、3月9日、指原莉乃がプロデュースするトップアイドルグループのメンバーが登録し、複数の男性と“交際”していたことを「文春オンライン」特集班が報じた。そのアイドルグループメンバーは、交際クラブの男性会員宛ての営業メールで、《検索すると出てきます。テレビ、舞台にも出演されているハイレベルの貴重な方です。可愛いです。希望10 セット15》と実在のアイドルであることを“売り文句”に紹介されていた。

「《セット15》というのはこのアイドルとの出会いをセッティングしてもらうために交際クラブに支払う金額です。《希望10》というのは肉体関係に進むにあたってアイドル側が希望しているお手当の額のこと。つまり25万円支払えば、このアイドルと肉体関係が持てるということを示しています」(交際クラブ関係者)

 この関係者によると、「そもそも高級交際クラブは、富裕層と美女たちのための秘められたサービスでした」という。

「男性会員の面接があり、入会金が数十万を超えてくるようなクラブは高級交際クラブと呼ばれます。なかには入会金100万円を超えるような超高級交際クラブも存在します。そんな料金設定ですから、男性会員は経営者や開業医ばかりですし、女性はモデルや女優の卵など、街で歩いていると振り返るような美女だらけ。1晩で何十万円もの金が行き交うこともよくありました。

 しかし2018年5月、“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助さんが変死した事件によって、交際クラブという存在が一般の方々の知るところになったんです。当時、野崎さんは55歳下の妻と同居しており、また高級交際クラブで多くの年下女性と交際していたため、マスコミがセンセーショナルに報じました」(同前)

 野崎氏は、2018年4月に出版された『紀州のドン・ファン 野望篇 私が「生涯現役」でいられる理由』(講談社+α文庫)で、交際クラブについて「出会い系のお店の個人版といったものです。会費は100万円のところもありますし、ウン十万円から数万円まで千差万別であります。要は高いところは痒いところまで徹底的にサービスしてくれますが、安いところは値段なりのサービスです」と語っている。

「この時期くらいから、登録する男性も女性も裾野が広がりました。その後、“パパ活”という言葉が誕生し、利用者の罪悪感が薄くなったことも手伝って、交際クラブの存在が一般化し、悪質な業者も急増していきました」(前出・交際クラブ関係者)

 

1回10だった私が、月最低でも100は稼げるように

 松岡茉優似の女子学生・A子さん(20代)もそんな“悪徳業者”の被害に遭った1人だ。被害内容が冒頭のTwitterで告発された《横浜●●交際クラブ事件》の内容と酷似してたため、「文春オンライン」への告発を決意したのだという。

「これまでにも、1年間ほど交際クラブを通してパパ活をして、一晩で8万円の“お手当”をいただいていたことはありました。学業と両立して効率よく稼ぐにはちょうどよかったんです。その後しばらく交際クラブは使っていなかったのですが、2021年1月27日、知り合いのX子さんに《交際クラブなどを仕切っているトップがいるから話聞いてみない?》とLINEで持ち掛けられました。これが、事の発端です」

 X子氏からはこんな説明があった。

《今交際クラブの業界トップの方に指導を受けていて、その方のおかげで最低でも月100は稼いでて》

《私の方から絶対稼げて特別可愛い子だけ声かけさせてもらってるんだけど》

《交際クラブの業界トップの方なんだけど、パパ活に必要な見た目の服装から所作、大金の金額交渉の仕方、いい定期p(※定期的に会うパパのこと)を見つけるために色々レクチャーしてくれて》

《この方のレクチャーを受けてから一回最低でも30で、月150以上は当たり前に稼いでいるから本当に出会って良かったと思ってる》

《もしやりたい!話聞きたい!と思っていただけたなら私と一緒に業界トップの方と面接します》

 月100、150といった甘い言葉にのせられてしまったA子さんはまず面接を受けることにした。

 面接が行われたのは2月8日、横浜の高級ホテルのロビーだった。A子さんは事前にX子氏から指示された通り、脚の形が分かるような短めのワンピースを着て、ハイヒールを履いてホテルへ向かった。ロビーはヒールが少し沈みこむような青い絨毯が敷かれ、吹き抜けの高い天井には豪華なシャンデリアが煌めいていた。

「俺がどれだけ稼いでるか見せる」と言って札束を見せてきた

 A子さんがロビーに着くと、そこにはX子氏の他に、初対面の中年男性と若い女性がソファーに座っていた。この男性こそが“白スーツの男”だった。

「男性は自分のことを『交際クラブ業界トップ』のオーナーで、『倉科(仮名。実際には別の名を名乗った)』と名乗りました。ただ一般的にはあまりない苗字だったので、偽名なのかもしれません。中肉中背で、年齢はおそらく50歳くらいでしょうか。白髪交じりの髪をセットし、上下ともに白いスーツを着ていて、遠目からでもかなり目立っていました。

 隣に座る女性は『Y子』と名乗りました。小柄ですがスタイルがよく、目鼻立ちがはっきりとした和風美人で、銀座にいるような雰囲気の方。黒い髪がツヤツヤしていて綺麗でした。倉科氏のパートナーといった感じでした」

 自己紹介が終わると、倉科氏はA子さんの目の前に大きな黒い箱を差し出したという。そして「俺がどれだけ稼いでるか見せる」と言って、その箱を開けた。

「中にはぎっしり札束が詰まっていました。倉科さんは『1000万ある』と言いました。ただ普通、札束の帯には銀行印などが押してあると思うのですが、真っ白の無地の帯だったので、今思うと偽札だったのかも……。それに加えて、写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)の切り抜きが入ったファイルをみせられました。交際クラブ業界について語っている匿名コメントが載っていて、それは自分が話したのだと語っていました。超高級交際クラブ『P』についても書かれていました」

「男性会員はVIPしかいない。1晩100万円は普通なんです」

 「FRIDAY」の記事には「国内に複数のクラブを構える業界歴28年の敏腕経営者」として倉科氏が登場し、「IR関連の富裕層に向けた『●●(※本記事では超高級交際クラブ「P」)』というクラブを横浜でオープンする予定です。セット料金は無料ですが、入会金は1000万円、女性のギャラは100万円から。これでも十分に採算は取れると見込んでいます」と語っている。

 A子さんが続ける。

「しかもY子さんが『私、●●●●の愛人だったの』と言って、すでに亡くなっている大御所芸能人とのツーショット写真を差し出したんです。倉科さんからも『うちのクラブの男性会員は●●●●さんみたいなVIPしかいない。1晩100万円は普通なんです』と言われ、その場では素直にすごいなと思いました」

「あなたは最低でも30万円は貰える才能がある」

 しかし、あまりに高額な“パパ活”の儲け話にA子さんは戸惑った。そこへ倉科氏はこう畳みかけたのだという。

「以前、交際クラブに登録していたときは1回のお手当が8万円だったと伝えました。すると倉科さんが『あなたは最低でも30万円は貰える才能があるから、僕らで面倒を見て、そのレベルまで持っていく』とおっしゃったんです。そのレベルの女性になったら倉科さんが所有する超高級交際クラブ『P』の男性会員を紹介するから、それまでは他の交際クラブに登録し修行をするようにと。その間は倉科さんがパパへの対応や金額交渉の仕方などをアドバイスするとも言っていた。そうして話がどんどん進んでいきました」

 倉科氏は「そのためには登録が必要で、会費は月額1万円の前払い。半年契約か1年契約を選べ」と迫った。「会費はX子とY子が交際クラブにA子さんを売り込むための事務手数料だ」と説明されたという。

「交際クラブでは女性がお金を支払うことがないので疑問を感じたのですが、倉科さんは『ここまできて登録しないのは、勿体ないでしょ?』と。断ろうとしても『すぐ決めない人はどうせやらないよ。そうだよね?』などと返される。倉科さんは否定しづらいことを疑問形で聞いてくるので、それに曖昧に合わせていると、私がこの契約をしたいと思っているかのような会話になってしまうんです。それに倉科さんは有無を言わせぬ高圧的な雰囲気もあって怖かった。登録しないと帰れないんじゃないかと焦ってしまって……」

 高級ホテルのロビーで白スーツの男と2人の美女と対面するという非日常的な状況も手伝ってか、A子さんは追い詰められていった。

「だから、美味しい話だしと自分に言い聞かせて『最初は半年の契約にしようかと思ってます』と伝えました。しかし倉科さんから『半年だと時間的に足りないし、半年にしたら1年に延長することができないので、1年がおすすめだ』と押され、半ば強制的に1年契約を結ぶことになってしまいました」

“講習”と称して連れていかれたビジネスホテルで…

 1年契約の契約金を前払いするとなると計12万円だ。A子さんが「手持ちのお金がない」と伝えると、ホテルの地下にあるATMで下ろしてくるようにと指示された。

「逃げないようにするためか、X子さんとY子さんもついてきました。そして私がお金を下ろしている最中、後ろからずっと監視していた。その場で12万円をX子さんに手渡すと、ロビーに戻らず解散することになりました」

 次に倉科氏と会ったのは2月22日。A子さんはX子氏から「講習がある」と横浜のファミリーレストランに呼び出された。ファミリーレストランで待っているとX子氏が現れ、そのまま近くのビジネスホテルの一室に連れていかれたという。

「講習があるということは面接の時にも聞いていたのですが、どんなことをするのか不安だったので、面接後、X子さんに直接講習の内容について聞いたんです。そこで《お部屋に入った際に失礼のないように手順を確認する》《嫌なことは絶対にしないのでご安心ください》などと説明されました。高級交際クラブだからそれなりの作法やテクニックが求められるのかなと思いました。それにX子さんは知り合いだし、危ないことはないだろうと思っていたのですが……」

 部屋は11階にあり、セミダブルのベッドが1つとデスク、ユニットバスがついた狭いシングルルームだったという。ホテルのサイトをみると、定員2名で平日の宿泊料は7000円程度だ。

「そこには前回同様に全身真っ白い服を着た倉科さんが待っていました。部屋に入ると、倉科さんから『パパ活のときは、部屋に入って服を脱ぐ前にお金をもらわないとダメ』などと10分ほどアドバイスされました」

ホテルの部屋に入ると、2人が服を脱ぎだした

 その後、倉科氏はおもむろに「体の洗い方を教える」と言い、A子さんに服を脱ぐように指示した。A子さんは戸惑ったが、倉科氏とX子氏がその場で服を脱ぎだし、A子さんも服に手をかけた。そうして3人が裸になって、ユニットバスに入ることになったのだという。

「2人とも服を脱ぎ始めたので、断れる雰囲気ではなくなってしまい、私も全裸になりました。狭いユニットバスに3人でぎゅうぎゅう詰めになって入ると、X子さんが倉科さんの体を洗い、そのまま倉科さんの陰部を口に含んだんです」

 X子氏は倉科の足元にしゃがみ込み、A子さんはそれをただ見ていたという。しばらくして倉科氏はA子さんに「X子の真似をしろ」と指示。A子さんは「講習ってこんなことまでしないといけないの⁉」と面食らったというが、「自分の考えが甘かった」と後悔しながらもその言葉に従った。

「避妊具をしないでパパから追加のお金を取るんだ」

「ユニットバスを出ると、倉科さんはそのままベッドに寝そべりました。そして『右側をX子がやるから、それに倣って左側で同じことをしろ』と言われ、肩から胸、そのまま足の方まで舐めさせられ、そしてまた陰部まで……。その後もX子さんがすることを真似させられました」

 10分ほど倉科氏の体を舐めるという“講習”が続き、A子さんの順番が終わったところで、X子氏がおもむろに倉科氏に馬乗りになったという。

「フリとかではなく、本当に挿入していて、しかも倉科さんは避妊具をつけていなかった。ゾッとしました。しばらくしたら倉科さんに『X子に続いてやれ』と命令されました。避妊具をつけずにするのは嫌だと拒否したのですが、倉科さんに『パパ活の時は、ゴムをしないでパパから追加のお金を取るんだ』と言われてそのまま……。『うちのクラブは月に2回性病検査をしている裕福な男性しかいないから、性病は心配ない』と説明されましたが、それで不安が払しょくされるわけありません。気持ち悪かったです」

 その後も倉科氏の“講習”はエスカレートしていった。

「『X子とキスをして、レズプレイで男性を興奮させろ』とも言われました。嫌で嫌で仕方ありませんでしたが、とにかく早くこの場からいなくなりたい一心で、ひたすら指示を聞いて早く終わらせようと思っていました」

 そして、“講習”は唐突に終わった。

「しばらくすると『君はもういいよ』と、倉科さんが果てる前に終了しました。上手いから大丈夫、といったような妙にポジティブな言葉をかけられて終わったのだと思います。その後、シャワーを浴びて、次はいくつかの交際クラブに登録へ行くということで解散しました。この時、足を踏み入れてはいけない世界だったなと激しく後悔していました」

パパ活の後、横浜駅の改札前で倉科氏に6万円を手渡し

 その後、倉科氏から「実践経験を積むため」と言われ、まずは交際クラブ「S」に登録させられた。ここで実績をつくれば、倉科氏が経営する超高級交際クラブ「P」の会員になれるという約束だった。

「パパ(※交際クラブの男性会員)と会う前後には必ず《今からです》《終わりました》などと倉科さんにLINEで報告を求められました。終了報告をすると《ではお手当の30%なので6万円を手渡しで受け取ります》と返事がきて、横浜駅の改札前で倉科さんに6万円を手渡ししていました。3月2日から、計2人のパパに会ったので、倉科さんには計6万3千円を渡しています。でも年会費を支払っているし、毎回お手当からこんな額をなぜ支払わなければいけないのかと、倉科さんへの疑念が高まっていきました」

 A子さんが倉科氏に「ハメられたと確信した」のは3月8日だった。

「騙されたんだと怒りが湧いてきました」

「(冒頭の)Twitterで同じような被害者がいると知ったんです。交際クラブに詳しい方に相談したら、『交際クラブに女の子を仲介するスカウトはクラブ側からマージンをもらうもの』『超高級交際クラブ「P」なんて聞いたことがない』『スカウトが性的な講習をすることはない』など、色々教えてくれました。確かに『P』はTwitterアカウントがあるだけで(現在は削除済)公式サイトはありませんし、倉科さんと組んでいるX子さんでさえ『P』に入会できた女の子は知らないと言っていました。騙されたんだと怒りが湧いてきました」

 そこでA子さんは3月9日、X子氏に《返金希望と退会の方をさせて頂きたいです》とLINEを送ったという。するとすぐに《お振込をするので銀行、支店名、口座番号教えてください》と返事が来た。

「実際に3月9日に振り込みで11万円が返金されました。ですがひと月分の契約金1万円を取られ、渡したお手当の30%の返金はありませんでした。その後、やりとりはしていません」

弁護士見解「“講習”で性行為を持つ必要はない」

 アトム市川船橋法律事務所の高橋裕樹弁護士は、倉科氏の行為について「恐喝罪と準強制性交等罪に当たる可能性がある」と話す。

「まず、面接で被害者は『考えます』など契約を断る様子を見せています。しかし『考えたらやらない』などと言って強く迫り、支払わなければ帰れない状況を作り出して金を支払わせたことは恐喝罪に当たる可能性があります。有罪の場合は10年以下の懲役が課せられます。

 また、講習が交際クラブの斡旋を受けるため必要であり、拒否すれば紹介してもらえなくなると誤信させて抗拒不能に陥らせ、肉体関係を持つことは、刑法第178条の『人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者』として準強制性交等罪に当たる可能性があります。『講習』と称することで、準強制性交等罪から逃れようとしているのかもしれませんが、《時間配分やボディタッチの仕方などを勉強します》などと伝えホテルに呼び出しているので、そもそも性行為を持つ必要もなく、また同性でも良いことですから、罪に問われる可能性があります。有罪の場合は、5年以上20年以下の懲役が課せられます」

 売春防止法では「『売春』とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう」と定められている。しかし全国紙記者はこう語る。

「“パパ活”という気軽な言葉が登場したことで、見知らぬ男性と会うことへの女性側の心理的ハードルが下がったという側面もある。売春にあたる可能性もある“グレー”な小遣い稼ぎですが、ネットやSNSの隆盛で益々身近なものになっています。それに伴ってパパ活関連の事件はこの数年で急増しています」

 A子さんの告白で明らかになった高級交際クラブ周辺の危険な実態。A子さんのほかにも同様の被害に遭っている女性は他にもいる。そのうちの1人が、桐谷美玲似のスレンダー美女・B子さん(20代)だ。B子さんは「“講習”は倉科さんと2人きりで行われました」と、その被害を赤裸々に語っている。

 倉科氏は一体何者なのか。倉科氏らが女性らを斡旋していた複数の交際クラブに確認したところ、一様に「倉科という男のことも超高級交際クラブ『P』も聞いたことがない」と証言したのだ--。

(#2に続く)

 4月11日(日)21時〜の「文春オンラインTV」では担当記者が本件について詳しく解説する。

《超高級交際クラブの実態》素人美女の肉体を搾取する“白スーツの男”集団と大物芸能人の“密着写真” へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))