「ホボホボ」の由来を知らず字幕を入れる 韓国YouTuberが謝罪

ざっくり言うと

  • 3月13日、韓国の人気料理系YouTuberが動画の字幕を巡り、謝罪文を掲載した
  • 擬音語の「ホボホボ」を使用し、視聴者から「男性嫌悪」と指摘されたという
  • 同言葉はネット上の新語だが、「男性をののしる言葉」とみなす人もいるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x