稼げない時代…年収300万円台「平均未満の人」が昇給するには

写真拡大

これからの時代、年収を上げるにはどうすればよいのでしょうか? 実は、給与は等級や職位によっておおよそ決まっています。この「年収基準」を知ることこそ昇進・昇給の近道です。今回公開するのは、新卒より一歩先の「自己完遂クラス」、チームの支援や後輩指導が求められる「チーフクラス」。それぞれの「年収基準」を公開するとともに、その年収ごとに求められる評価基準=コンピテンシー(成果につながる行動)まで具体的に解説します。※本連載は、西尾太氏の著書『アフターコロナの年収基準』(アルファポリス)より一部を抜粋・再編集したものです。

※ここで紹介する年収基準額は、フルタイムで働いていることを想定しています。業種・企業規模・職種・地域により異なりますので、あくまで「目安」と考えてください。

また、各項目に記述されていることをほぼすべてできていることが、基本的にはその「年収を確保する条件」と考えて下さい。ただし、求められていることを理解・把握したうえで、まだできていないことを認識し、それを実行していくことにより、年収を確保することも可能です。

※「成果による加算」については、成果を上げたときに賞与で加算されることを想定した金額です。賞与の制度は会社によって大きく異なりますので、こちらについてもあくまで目安であり、想定年収の幅と考えていただいて構いません。

新卒より一歩先、「年収300万円前後」のクラス

<自己完遂クラス(メンバー)>

年収基準=〜300万〜(成果による加算=50万)

■求められる仕事のレベル

仕事を自己完遂できることです。結果がわかっている仕事、手順が明確に示されている仕事においても、他の人より効率的に仕事を進める、後輩に教える、手順の改善を提案するなど、補助・育成クラスよりも提供価値が高まっている状態が求められます。周囲から好感を持たれる・頼られるといった資質も必要とされます。

■身につけておきたいビジネスの基本知識・スキル

共感・要約・限定質問・拡大質問・受容・適切な主張などの基本的なコミュニケーションスキル。メールや報告書などにおける適切な文章力。

■年収アップのポイント

改善の提案を行い、それが認められることによって評価されます。新人を教えたり、チームを元気づけたりするなど、周囲への好影響をもたらすことによって、上司やメンバーから認められていきます。

「年収350万円以上」へ至る8つのポイント

<自己完遂クラスのコンピテンシー>

01:創造的態度(意欲)

広く興味を持ち好奇心を持って物事をとらえる。他者が出した発想やアイデア・新しい取り組みに対して、前向きに、積極的に受け入れ、発展させようとする。

02:目標達成(個人)

自らの目標を達成する。達成にこだわり、あきらめず、最後の最後まで可能性を追求し可能な手段を尽くす。何事も実行を重視し、投げ出したりせず、目標を追い続ける。目標達成にこだわりエネルギーを絶やさない。

03:情報収集

必要な情報を多方面から入手する。いろいろな人の意見を聞き、多くの情報ソースからの情報を集め、客観的に事実を捉える。

04:チームワーク

チームメンバーと協調し、他者に積極的に献身的に協力する。チームの方針に沿った行動を行い、また自分が得た情報を適切にチームと共有する。

05:伝達力

自分が伝えたいことを、要点をまとめて、わかりやすく伝える。口頭でも文書でも、しっかりと簡潔に伝え、相手を混乱させない。報連相(報告・連絡・相談)を適切に行うことができる。

06:カスタマー

顧客(価値を提供する相手)のニーズを理解し、常に顧客満足を得られるものを提供しようとする。フォローを適切に行い、満足度を向上させる。

07:主体的な行動

自分で考え率先して行動し、チームの動きをつくる。チャンスがあればためらわずにやってみる。

08:継続力

困難があったときでも、負けずに仕事に取り組み続ける。単調なことでもコツコツと努力を継続する。

3人程度のチームリーダー、「チーフ」クラスの年収額

<チーフクラス>

年収基準=360万〜(成果による加算=70万)

■求められる仕事のレベル

3人程度のチームのリーダーになることです。結果がわかっている仕事であっても、手順をつくる、よりよくする、新人に教える、そしてよりよい結果を導くための提案をし、成果に結びつけることが求められます。周囲をリードしながら、自らの考えを適切に伝えることも必要とされます。

■身につけておきたいビジネスの基本知識・スキル

効果的なコミュニケーション・図解化スキル・企画提案スキル、チームのPDCA(計画⇒実行⇒評価⇒改善)の設定とマネジメント力。

■年収アップのポイント

手順そのものを見直し、より効果的な結果を導く。新たな取り組みについても提案を行い、より高い成果を出すことが求められます。

日本人の平均年収「400万円以上」を目指すには?

<チーフクラスのコンピテンシー>

01:創造的能力

未体験の問題解決に適した新たなアイデア(モノ、方法、しくみ、発明など)を生み出し、企業活動に価値あるものとして具現化する力がある。常に新しいことを発想し、それを形にしようとし、新たな価値を生み出している。

02:進捗管理

チームの目標達成に向け、計画の進捗管理を行う。計画に設けられたマイルストーン時点での達成状況を確認する。実行の優先順位をはっきりさせる。進捗に問題があるときは、計画修正を行い、達成に向けて管理する。

03:目標達成(チーム)

チームの目標を達成する。達成にこだわり、あきらめず、最後の最後まで可能性を追求し可能な手段を尽くす。何事も実行を重視し、投げ出したりせず、目標を追い続ける。目標達成にこだわりエネルギーを絶やさない。

04:状況把握・自己客観視

自身と周囲の人々や物事との関係性およびその環境を的確に理解し、適切で必要な言動をとる(空気を読む)。自身を客観的に振り返っており、自身の良いところ、改善すべきところを把握していて、常に自らをより良くしようとする。

05:企画提案力

企画をわかりやすく提案する。相手にわかりやすい企画資料にまとめる。プレゼンソフト、表計算ソフトにより、関係性を示す図解表現、わかりやすいグラフなどを織り込んだ企画書・提案書を作成し、説明する。

06:クオリティ

仕事の品質にこだわり、チェックを怠らない。品質向上を常に意識し、ミスが起こらない仕組みを作る。

07:主体的な行動

自分で考え率先して行動し、チームの動きをつくる。チャンスがあればためらわずにやってみる。

08:ストレスコントロール

緊張の強い場面でもパニックにならず、冷静に対処する。プレッシャーの下で実績を出す。他者の批判を受容し、反発せず、適切に対応する。

西尾 太

人事コンサルタント