Androidに問題が起きたら役立つセーフモード。

しかし、そのセーフモードから通常モードに戻れなくなる時があります。

そうなったときに、セーフモードを無効にする方法をいくつかご紹介します。

Androidのセーフモードとは?

上記で簡単に説明した通り、セーフモードは、Androidデバイスを再起動して、何らかの問題を見つけて修正できるモードです。

スマホをこのモードで起動すると、スマホはシステムの起動に必要なファイルだけを読み込みます。

つまり、問題のあるファイルやアプリがあっても、無視してデバイスの電源を入れることができるのです。

そして、セーフモードで起動したら、危険なアプリをアンインストールするか、そのファイルをデバイスから削除します。

Androidでセーフモードをオフにする

電源ボタンを長押しして、「再起動」オプションが表示されたらタップして長押しすると、セーフモードで起動できます。

セーフモードでしたいことを済ませたら、セーフモードを終了して通常モードに戻してください。

それでは、スマホを通常モードで再起動するコツを以下にご紹介します。

デバイスがセーフモードでスタックした場合は、順番に試してみてください。

Tip1:Androidスマホを再起動する

スマホがセーフモードでスタックしていることに気付いたら、最初にすべきことは、デバイスを再起動することです。

これでスマホが通常モードに戻ることがあります。

やり方は次の通りです:「電源」ボタンを数秒間長押しします。画面のメニューから「再起動」をタップします。デバイスが再起動するのを待ちます。

Image: MakeUseOf

Tip 2:通知パネルからセーフモードを無効にする

Androidスマホの中には、通知パネルにセーフモードオプションがあるものもあります。

お手元のスマホにそのオプションがある場合は、それを使ってスマホのセーフモードを無効にすることができます。

やり方は次の通りです:上部の通知パネルからプルダウンします。「セーフモード」というオプションをタップします。正確なオプション名はさまざまですが、どのオプションをタップするか見ればわかります。スマホが通常モードで再起動するはずです。

Image: MakeUseOf

Tip 3:デバイスをリセットしてセーフモードを終了させる

それでもダメなときは、デバイスを工場出荷時の設定にリセットして、セーフモードをオフにしましょう。

ただし、これをすると、ファイルや設定など、スマホに保存されているすべてのデータが削除されるので、必ずデータのバックアップを取っておいてください。

この方法は、他に選択肢がない場合にのみ使用してください。

スマホをリセットしてセーフモードを終了するには:設定アプリを起動し、「システム」をタップします。次の画面で「オプションのリセット」をタップします。「すべてのデータを消去(出荷時設定にリセット)」を選択します。

Image: MakeUseOf

リセットが完了したら、デバイスを最初からセットアップする必要があります。セーフモードが終了して、通常モードに戻ります。

スマホが勝手にセーフモードに入ってしまう原因は?

スマホの電源を入れたとき、セーフモードに入るボタンが押されてしまうことがあります。

そうなると、スマホは通常モードでなくセーフモードになります。

もう1つの考えられるシナリオは、他のことをしているときに誤ってセーフモードオプションを押していることです。

これは、スマホを再起動しようとするときに起こります。多くのスマホではセーフモードのオプションがちょうどそこにあるからです。

セーフモードをオフにする方法を複数知っておくと便利

セーフモードは便利ではありますが、役に立つときは限られています。セーフモードを使い終わったら、終了して通常モードで起動する必要があります。

Androidスマホがセーフモードの終了を拒否したときは、上記のTipsがその問題の修正に役立つかもしれません。

Jabra 完全ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリング Elite 85t グレー bluetooth 5.1 [国内正規品]100-99190003-40-A 小

26,800円

あわせて読みたい

iCloudのあらゆるデータをAndroidスマホに引き継ぐ方法

使わなくなったスマホを賢く再利用する10の方法

Source: Google

Original Article: How to Turn Off Safe Mode on Android by MakeUseOf