高校生がふだん持ち歩く金額って? お財布の中には何を入れているの?

写真拡大 (全4枚)

LINEリサーチは、日本全国の高校1〜3年生のLINEユーザー男女1043人を対象に、ふだんの所持金やお財布の中に入れているものなどの調査を行い、その結果を発表しました。

高校生がふだん持ち歩く金額は「5000円未満」が約7割!

高校生がふだん持ち歩いている金額は「1000〜2000円台」が最も多く35%、次いで「3000〜4000円台」が29%でした。これに「1000円未満」と答えた10%を合わせると、ふだん持ち歩いている金額が「5000円未満」という人が74%、つまり全体で約7割と大半を占める結果に。

また、学年別にみると、持ち歩く金額が「1000円未満」の割合は低学年で、「5000円以上」の割合は高学年で高くなる傾向でした。学年に比例して持ち歩く金額が増えるのは、お小遣いアップや稼いだバイト代の貯金が増えてくることなどに影響するのかもしれませんね。

お金以外でお財布に入れているもの、 女子高生の1位は「プリクラ」! 男子高生の1位は……?

お財布に入れているものの全体1位は「クーポン券/割引券」で、男子高生で1位、女子高生も2位にランクイン。毎月のお小遣いを上手にやり繰りしたい高校生にとって、クーポンや割引券は外せないアイテムのひとつといえそうです。

全体2位は「プリクラ」で、女子高生では53.6%で堂々の1位。女子高生に人気の文化として、プリクラはまだまだ健在のようですね。3位は「おみくじ」、4位は「おまもり/お札」、5位には「過去の映画・イベントなどのチケットの半券」がランクインしています。半券は男女ともに4位に入っていますが、男子高生と比べて女子高生は割合が高く、特に高3の女子高生で高い結果に。最高学年になって持ち歩く金額も増えることから、映画館やイベントに行く機会も増えるのかもしれません。

お店で使えるポイント、「貯めている」との回答が約7割!

ポイントも駆使して上手にやり繰りしているのかも​​お店で買い物をしたときなどに貯まるポイントやスタンプカードについて、全体の7割近くがポイントを「貯めている」ことがわかりました。名刺のようなショップカードだけでなく、スマートフォンアプリなどでもポイントを貯められるので、気軽に貯めている人が多いのかもしれません。また、男子高生よりも女子高生のほうがポイントを貯める人が多く、特に高3の女子高生では76%が貯めていると回答しました。また、学年が上がるにつれてポイントを「貯めている」割合が若干高くなる傾向にあるそうです。
(文:三浦 琴)