女性探偵が教える、“夫の浮気を見抜く”5ポイント。使える証拠の集め方

 有名人の不倫が連日メディアで報道されています。勝手に不倫の証拠を集められる有名人とは違い、一般人である私たちが夫の不倫を疑っても、証拠を集めるのは難しいものです。

 そこで今回は夫の不倫を見抜く方法から証拠集めまで、どのように「夫のあやしい」の裏づけをとっていくべきなのかを取材。VIVID女性探偵社・代表の北川舞子さんにお話を聞きました。

◆コロナで不倫にも変化が

 さっそくですが、コロナ禍でも不倫をしている人っているんですか?

「いますよ! 不倫する人は頭がお花畑状態なんでしょうね。コロナだろうがなんだろうが、今までと同じ頻度で不倫相手の家に通っています。子供がいても、感染の心配などおかまいなしにデートしてますからね。そういう人たちを見ると、不倫って簡単には辞められないんだなって、改めて思いますね」(コメントは北川舞子さん、以下同)

 コロナ禍で、不倫は減っているのかと思っていました。

「マッチングアプリ経由で不倫している人たちの動きは鈍くなりましたね。さすがに、どこの誰かわからない人と密着するリスクは、避けてるんだと思います。ただ、そういう人たちは、水面下に潜っているようで、『コロナが落ち着いたら会おうね』というやりとりを夫がしている、と相談にくる依頼者さんは増えています。今後コロナの状況を見て、ここぞとばかりに動き出すんでしょうね」

◆夫のその行動怪しいです

 不倫している夫がとりがちな行動ってありますか?

「スマホを肌身離さず持ち歩くようになった、筋トレを始めた、スキンケアや毛周り(髪・ひげ・体毛)の手入れを念入りにするようになった、帰宅時間が遅くなった、出社が増えた、この5つは不倫夫のテッパン行動ですね」

 夫が不倫しているかも?と思ったとき、何から始めればいいでしょうか。

「証拠集めと言いたいところですが、私が依頼者さんに最初にお伝えするのは、まずは深呼吸して冷静になりましょう、ということです。当然、怪しいだけでシロという場合もあります。動揺して腹が立つ気持ちは十分なほどわかりますが、確実な証拠がない状態で問い詰めても、はぐらかされるか揉めるだけなのでおすすめできません」

 ムダな言い合いになりそうですね。

「最悪な場合、妻に不倫がバレたと気付いて、証拠を隠す夫もいます。そうなると証拠集めに時間がかかって、長期戦になってしまいます。まずは冷静になること、その上でこっそりと証拠を集めて、集まった証拠をもとに、自分がどうしたいのかを考えることが大事です」

◆使える証拠と使えない証拠

 どのような物を「証拠」として集めればよいのでしょうか。

「何をもって証拠とするか、というのは本当に難しいところで、これさえあれば裁判で勝てる!という絶対的な証拠は、性行為をしている動画くらいです。これはトランプでいうところのジョーカー的な存在で、裁判でも圧倒的に有効な証拠になります」

 写真だと証拠としては弱いんですか?

「夫と不倫相手の顔が写っていればOKです。ただし、両者の顔がはっきり写っていない写真だと、『これは俺ではない。似ている誰かだ』と言い逃れされるケースが非常に多いので、注意が必要です」

◆法廷で聞いた夫たちのあきれる言い訳

 そんな言い訳通用するんですか?「似ている人の性行為の画像を収集している人も、いないとは言い切れませんからね。『どう見てもお前やろ!』と詰めたいところですが、法律上では確実な証拠がないと不貞行為は立証できません。他にも、性行為をしていることが確実にわからないと、『ジャレていた』『マッサージしていた』など、いろんな言い訳で逃げ切る輩が出てきます」