『不躾なお願い』は、相手にお願いをしたりお礼を伝えたりする際に使う言葉です。自分をへりくだる表現のため、取引先や上司に対して使うのが適切です。面倒なお願いをする場面では、相手の立場に配慮した一言を添えましょう。

「不躾なお願い」の意味や使い方

上司や取引先にメールで無理なお願いをするとき、『不躾なお願い』という表現が使えます。さらに『恐縮ですが』というクッション言葉を添えると、要求が通りやすくなるでしょう。

意味は「失礼なお願い」「無理なお願い」

『不躾(ぶしつけ)』には、『しつけができていないさま』『無作法(ぶさほう)であるさま』『突然で礼を欠くこと』という意味があります。

『無躾』『不仕付』『ぶしつけ』とも表記できますが、一般的によく使われるのは、『躾』に否定の『不』が付いた『不躾』です。

『不躾なお願い』とは、相手にとって「無理がある(失礼な)お願い」のことです。

「あの人は自分の部下に対して不躾な態度をとる」と他人の言動を指すこともできますが、ほとんどは自分の言動に対して使われます。自らをへりくだる謙譲表現の一種と考えましょう。

お願いやお礼を伝える場面で活用

『不躾なお願い』は、目上の人や取引先の人に対して「お願い」をするときに使います。自分から言うのが厚かましいと感じるときや相手に面倒をかけてしまいそうな内容の場合は、「不躾なお願いですが…」と切り出しましょう。

「無礼で申し訳ありません」というおわびのニュアンスが含まれているため、相手を敬う気持ちを示せます。また、無理な要求が聞き入れられたときのお礼にも使えます。

・不躾なお願いですが、価格を下げていただけませんでしょうか…。
・不躾なお願いながら、快く引き受けてくださりありがとうございました。

ただし『不躾』という言葉を使っているからといって、相手に損害を与えたり不快にさせたりするお願いをするのはNGです。

依頼には「恐縮ですが」を付けて丁寧に

相手にお願いをするときは、本題の前に「不躾なお願いで恐縮ですが…」と加えると丁寧さが増します。

『恐縮』とは「恐れで身がちぢむこと」です。『恐縮ですが』は申し訳ないという気持ちを相手に伝えるクッション言葉の一つで、人にお世話になる・迷惑をかけてしまうことへ謝罪するニュアンスを強調できます。

・不躾なお願いで恐縮ですが、新製品のサンプルを送付していただけますでしょうか?
・不躾なお願いで大変恐縮ですが、ご家族のお名前とご年齢の記載をお願いいたします。

「不躾な」と言い換えできる言葉

『不躾』は会話でもビジネスメールでも使えるものの、「不躾なお願いですが」ばかりを何度も繰り返すのは好ましくありません。相手に依頼するときに使える表現をいくつか覚えておきましょう。

遠慮がないさまを表す「厚かましい」

『不躾なお願い』は『厚かましいお願い』に言い換えられます。『厚かましい』は、『ずうずうしい』『遠慮がない』という意味です。行動や態度に慎みがない人は、「厚かましい人」と呼ばれます。

「厚かましいお願いですが…」は自分をへりくだって相手への敬意を示す表現のため、主に目上の人や取引先に対して使います。

・厚かましいお願いですが、納期を1日延ばしていただけませんでしょうか?
・厚かましいお願いとは存じますが、どうぞご検討のほどよろしくお願いいたします。

『不躾』は主に自らの言動に対して用いますが、『厚かましい』は自分と他人の両方に使えます。

期限が近いときに使う「差し迫っての」

『差し迫る』は、『事態や期日が間近に迫る』『切迫する』という意味です。

納期の前倒しや期日の変更など、急な依頼を相手に押し付けなければならないときは、『差し迫ってのお願い』を使いましょう。「直前のお願いで申し訳ない」というおわびのニュアンスが含まれています。

かしこまった表現のため、近しい関係の相手に使うとよそよそしい印象を与える可能性があります。相手との関係性に応じて表現を使い分けましょう。

・差し迫ってのことで申し訳ございませんが、14時までに内容を変更していただけませんでしょうか?
・差し迫ってのお願いで恐れ入りますが、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

お願いを丁寧にするフレーズ

ビジネスシーンや社内では、誰かに「お願い」をする場面が多くあります。要求をするだけでなく、相手の立場に立った言葉を添えましょう。コミュニケーションがより円滑になります。

「お忙しいところ誠に申し訳ございませんが」

相手に面倒なことをお願いするときは、「お忙しいところ誠に申し訳ございませんが」という言い回しが使えます。

電話やメールでは、相手が本当に忙しくしているかは分かりません。『お忙しいところ』は、忙しいかどうかに関係なく使える気遣いの表現と考えましょう。

ただあまりにも暇そうにしている人に使うと、嫌味に聞こえてしまうかもしれません。

『誠に』はおわびや感謝の言葉を強調する表現です。『誠に申し訳ございませんが』とワンクッション置くことで、相手への配慮を示せます。

・お忙しいところ誠に申し訳ございませんが、資料にお目通し願えますでしょうか?
・お忙しいところ誠に申し訳ございませんが、本日中のご回答をお願いいたします。

「ご多用のところ大変恐縮ですが」

「ご多用のところ大変恐縮ですが」は、「お忙しいところ誠に申し訳ございませんが」とほぼ同じ意味です。

『多用(たよう)』とは『用事が多いこと』です。似た言葉に『多忙(たぼう)』がありますが、ニュアンスが若干異なります。

多用は「やるべき仕事が多い」という意味合いが強いのに対し、多忙は「公私共に忙しい」という状態を指します。多用よりも多忙の方が、忙しさの度合いは大きいでしょう。

・ご多用のところ大変恐縮ですが、打ち合わせにご参加いただけますでしょうか?
・ご多用の中誠に恐縮ですが、万章お繰り合わせの上ご参加願います。

『ご多用中のところ』という表現は間違いです。『中』と『ところ』は同じ意味のため、重複してしまいます。

まとめ

上司や取引先にお願いをする際は、用件を直接伝えるのではく「申し訳ない」という気持ちを伝えるクッション言葉を添えるのが理想です。

手間をかけてしまいそうなとき「不躾なお願いで恐縮ですが…」と切り出せば、相手も心の準備ができます。

お願いを丁寧にするフレーズは他にもたくさんあります。どのフレーズが最適かは、相手との関係性や状況から判断しましょう。