ヤクザの“家計”までも研究する鈴木智彦氏

写真拡大

“カタギ”とはまったく違う世界に住むのがヤクザだ。当然ながら、その金銭感覚もまったく異なるものだ。このたび『職業としてのヤクザ』(小学館新書)を上梓した暴力団取材のプロ2人、溝口敦氏(ジャーナリスト)と鈴木智彦氏(フリーライター)によれば、ヤクザの“家計簿”は収入も支出もケタ違いだという。溝口氏と鈴木氏が解説する。

【写真】10人以上の機動隊、100人ほどの警官が玄関前に並ぶ山口組総本部への家宅捜索

溝口:ヤクザの支出として大きいのは、「義理事」という慶弔交際費。やれ、誰それが何代目を継いだとか、誰それが刑務所から出てきたとか、あるいは誰それの葬式とか、そういうときに金が出ていく。

鈴木:ヤクザの慶弔交際費はとても高額です。

溝口:ヤクザに言わせると、出した金はいずれ自分に戻ってくる。自分のときには、自分が金を出した相手側が金を運んでくれるということで、貯金みたいなものだと、以前は言っていました。つまり、協同組合的な要素があります。要するに、われわれ個々の人間が不幸のときは助け合うとか、ヤクザ間の共済的な意味合いがあった。バブル期には慶弔交際費の金額は非常に膨らんでいました。

鈴木:以前は葬式だと、組としてとヤクザ個人として、二重に香典を包んでいました。しかし、組織が大きくなると単純に組員の数が増えるので、葬式も多い。だから、大きい組織と小さい組織が付き合っていたら、圧倒的に小さい組織から出ていく金が多くなってしまいます。慶弔交際費というのは、襲名式や葬式などに名を借りた組織の金集めですから、何かにつけて葬式をやりたがる。組員の親が死んだときまで呼ばれたりもする。

 そこで20年ぐらい前から、義理事においては個々の付き合いはやめ、組織と組織にしましょうとなりました。

溝口:組織と組員がそれぞれ出していたら、組が潰れてしまうと。

鈴木:先日、ある暴力団の葬儀があって、山口組は中核団体である弘道会以下3団体が来ていました。それぞれ別に香典を出したはずで、最低でも合計1000万〜2000万円の香典を払ったと考えていい。

溝口:ヤクザには、デモンストレーションとしての金払いという側面がある。稲川会初代会長だった稲川聖城が、散髪のチップが100万円だったと。理由を聞かれたら、「どうせやるなら目立ったほうがいいから」と言っていたと。これこそが顕示的消費です。

鈴木:実際、熱海(稲川会発祥の地)で稲川会を悪く言う人はいなかった。金の切り方が半端ではない。土地に根付くから、地元は大事にします。

溝口:裏でみかじめ料をたっぷりとっているくせに、使うときにはそういうふうに使う(笑)。会食費も一昔前までは一晩50万円で月1000万円を平気で超える。今でも一部にはそういう金遣いをするヤクザがいる。

鈴木:ヤクザの選ぶ店は特別待遇をしてくれるので、べらぼうに勘定が高い。和食で1人7万円なんてすぐ超えます。

溝口:ヤクザの会食は「官僚接待」など目ではありません(笑)。

【プロフィール】
溝口敦(みぞぐち・あつし)/ジャーナリスト。1942年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業。『食肉の帝王』で2004年に講談社ノンフィクション賞を受賞。主な著書に『暴力団』『山口組三国志 織田絆誠という男』など。

鈴木智彦(すずき・ともひこフリーライター/フリーライター。1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。主な著書に『サカナとヤクザ』『ヤクザときどきピアノ』など。

※週刊ポスト2021年4月16・23日号