公衆電話の設置台数を現在の4分の1に 総務省が基準を緩和する方針

ざっくり言うと

  • 総務省は、公衆電話の設置台数の基準を緩和する方針をまとめた
  • 利用率の低下などを勘案して、現在の4分の1程度まで緩和する方針
  • 非常時などの重要性を考え、引き続きユニバーサルサービスと位置づけられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x