Microsoftは現地時間4月5日、自社のSurface Pro 7とAppleのiPad Proを比較するテレビCMを公開しました。

MacBookとの比較CMの続編

同社は今年1月より、Surface Pro 7とMacBookを比較してMacBookをディスするCMを放映しており、今回の新CMはその続編的な位置づけです。
 
新CMでは、男性がSurface Pro 7は背面にキックスタンドを装備しているのに対しiPad Proには何もない点を指摘することから始まって、iPad ProのキーボードはSurfaceにオプションで接続可能なキーボードよりもずっと重いことなど、次々にiPad Proの「欠点」を挙げていきます。
 

締めくくりは価格の比較

さらにSurface Proが複数のポートを備えているのに対しiPad ProはUSB-Cポート1個しか装備していないとし、男性はその他の端子を接続するために、iPadに大きなドングルをつないで見せます。
 

 
男性は「iPad Proは単なるタブレット」「Surfaceは完全なコンピュータであり、かつタブレットだ」と述べ、最後は価格の比較で締めくくっています。
 

 
CM動画は以下でご覧ください。
 

 
 
Source:Microsoft Surface/YouTube
via MacRumors
(lunatic)