柔道金メダリストの古賀稔彦さんが53歳で死去 病気のため

  • 柔道家・古賀稔彦さんが病気のため53歳で死去したことが24日、分かった
  • 日本選手団主将も務めた1992年のバルセロナ五輪の男子71キロ級で優勝
  • 五輪3大会に出場後に引退しており、関係者によると病気療養を続けていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x