トルコの条約脱退、フランスは女性の権利後退と指摘 「極めて遺憾」

ざっくり言うと

  • トルコの大統領が、女性への暴力およびDV防止条約から脱退を決定した
  • フランス外務省の報道官は20日、「極めて遺憾だ」との声明を発表
  • 「女性の権利を含め人権の尊重に関し、新たな後退となる」と指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x